イベント

2022年9月10日(土)バイクギャザリング012はBクラスレクチャー開催。課題は「トラクションで曲がるを長く!」です。A・B・C・Dの4クラスにツーリングウエアで走れるビギナークラスまで、いつものゆったり走りを楽しみたい方はお集まりください!

千葉県 袖ケ浦フォレスト・レースウェイ
9月10日(土)に開催のバイクギャザリング012はBクラス向けに人数限定で課題を設定。課題は「トラクションで曲がるを長く!」です。自分を追い詰めずペースアップするステップを体験して頂きます。
Photos:
井上 演,DUCATI
bikegathering_pr_220804_main_01.jpg

BIKE GATHERING 012はA、B、C、DクラスからBeginnerクラスまで、全てのクラスを開催。今回はBクラス向けに人数限定で「トラクションで曲がるを長く!」のレクチャーを開催、10月にはCクラス向けレクチャーも予定しています。

そろそろサーキットにも慣れ、愛車のパフォーマンスを試しつつライディングをレベルアップしたいBクラス。ただ加速や減速にコーナリングと、全体にペースアップをはかるとリスク領域の一歩手前がみえてきます。そんなとき、お奨めしたいのが「トラクションで曲がる区間をもっと長く!」です。

bikegathering_pr_220804_01

トラクションといえば、コーナー後半の旋回しながら加速する区間で、後輪が路面を蹴って安定しながらグイグイ曲がれる醍醐味の大きな瞬間です。
でもこれをひとつのギヤで中速~高回転域の短い時間しか使えてないライダーが圧倒的です。しかもこのピーク域は、トラコンが介入する厄介な回転域。
もちろんレースではここを乗り越える様々なノウハウがありますが、皆さんのサーキット走行で先に覚えたいのはリスクを避けたスムーズで効率の良いコーナリング。コーナーを低い回転域で旋回し出口までのラインが明確になればコーナリングしたまま大きく開けて次々にシフトアップ。
パワーシフト(オートシフター)を使えば難なくできてしまうこの走り方は、コーナーへの進入速度も高まりライン取りをもうひとつ上のレベルへ押し上げるヒントが満載です。
70Rとヘアピンのふたつの低速コーナーで一瞬3速の他は4→5→6速を使いながら半端なく加速して最大のグリップ感で曲がり続けます。

bikegathering_pr_220804_02

エンジンの最大パワーやトルクが発揮される回転域は、どんなタイヤでもグリップできないほど強大。しかしどのみちトラコン介入で抑えられてしまうため、このトラクションに使いやすい回転域だけを繋いで走る旋回が優位。MotoGPでも高速コーナー出口を除き中速以下のコーナーはこの走り方が主流

bikegathering_pr_220804_03

パワーシフト(オートシフター)付きなら簡単に可能なバンクしたままの矢継ぎ早シフトアップ!

bikegathering_pr_220804_04

パワーシフトなくてもちょっとしたコツでバンクしたまま矢継ぎ早シフトアップは可能!

「リスクを冒さず楽しめるペース」を皆さんと共有できるイベントを目指しています。

攻める走りより愛車とのちょうど良いハーモニーを捜す、そんなマインドのライダーが集うイベントです。

MotoGPライダーばりのフォームで、緊張感の中に自分を置く特別な時間に醍醐味を覚えるのもわかります。でもそこに潜むリスクが牙をむいたら、家族にも職場にも愛する人にもバイクを反対されてしまいます。
もちろんサーキットには速度制限もなく、ご自分が気持ち良いと思えるアベレージで走ることができます。その領域の中に愛車とのムリなくそこそこのパフォーマンスを楽しめるペースを捜してみませんか。サーキットはリスクを冒さなければ、バイクを走らせるのに一番安全な場所です。BIKE GATHERINGは、そうした価値観を共有するライダーが集うイベントを目指します。
皆さんとご一緒する先導ライダーも、ネモケンはもちろん、宮城光さん、伊丹孝裕さん、鈴木大五郎さん、友野龍二さんをはじめ、リスクを避ける走りに共感するジェントル派揃いです。

bikegathering_pr_220804_05

サーキット走行を体験してみたいと思っても、レーシングスーツが必要だったり「お試し」にはハードルが高すぎると感じられた方も少なくないと思います。
そこで今シーズンはビギナークラスを新設しました。サーキットは超高速域も可能なので、ツーリングウエアでの単独走行はできませんが、先導車についてリスクのない範囲で心を解放できるアベレージをお楽しみください。もし単独走行もやってみたいと思われたら、相応のウエアをご準備いただいてまたの機会にチャレンジ、いや雰囲気を楽しみたいので、すべて先導車についていくこのスタイルが年に1~2回ほど楽しめればと、リピートされるのも大歓迎です。
募集人数は少なめですが、サーキット走行が未体験の方、ぜひ遊びにお見えください!

またツーリングウエアで体験走行からはじめるビギナークラスも、広く解放感たっぷりのコースを贅沢に満喫できると人気です。またプロテクターは必要ですが、慣れてきたら少しずつ気持ちの良い領域を試しながら、緊張するペースには足を踏み入れずにライディングをレベルアップできるDクラスもお奨め。サーキットならではの特別感たっぷりの環境をご堪能ください。

bikegathering_pr_220804_06
bikegathering_pr_220804_07

2022年後半のスケジュールはこちら

RIDE HIが主催する初心者大歓迎のサーキット走行会「BIKE GATHERING」、2022年は千葉県 袖ケ浦フォレスト・レースウェイにて7回の開催です。
今年シーズンはよりビギナー向けの開催、人数を絞ってゆっくりと楽しんで頂く開催など、バリエーションを増やしました。
各イベントの開催内容は、RIDE HIのWEBページやTwitter、Facebookでご確認ください。


• 10月1日(土)BIKE GATHERING.013
• 11月5日(土)BIKE GATHERING.014

RIDE HI Twitter:@ride_hi
RIDE HI Facebook:@ridehi.official

詳しいご案内とお申し込みはコチラ!

更新日
2022/09/21
公開日
2022/08/04

BIKE GATHERING.015

2023/04/01SAT 開催

関連記事