motocorse_monster_211224_main.jpg
カスタム&パーツ
DUCATI MONSTER
MOTO CORSE

【 モトコルセ × MONSTER 】モンスターのカスタムにセオリーは無用!

自由な発想で楽しむのがモンスターの流儀
第1弾はアーバン・エンデューロ!

2021年モデルとして、今夏に上陸したドゥカティのNewモンスター。“異端児”と呼ばれた1993年の初期型から進化を重ね、ついにパイプフレームを脱却。937ccの水冷Lツインにアルミ製のフロントフレーム&GFRP製のリヤフレームで大変身。そのNewモンスターをモトコルセが自由な発想でいち早くカスタムしたのが、このMCMだ。
ミリタリー調ともアースカラーとも取れるオリーブグリーンでフルペイントし、本国仕様の足周りとハイシートで車高の上がったスタイルにブロックパターンのタイヤを履かせたマシンのコンセプトは「アーバン・エンデューロ」。都会で楽しむオフロードスタイルは、あくまで新しいカスタムの提案であり、Newモンスターはそんな自由な発想ができる格好の素材という。今後も様々な方向性で楽しむであろうNewモンスターの、カスタム第1弾をご覧いただこう!

※プライス表記はすべて税込み価格です

motocorse_monster_211224_01

モンスターの日本仕様はローダウンキット(フロントフォークとリヤショックのショートスプリング、および下がった車高に対応する短いサイドスタンドのセット)が組み込まれ、シートもローシートが装備される。そこでモトコルセは、本国仕様の前後スプリングとサイドスタンドを組み込み、オプションのハイシートを装着。シート高は日本仕様の+40mmになるが、軽快感を増した本来のスタイルに蘇る

motocorse_monster_211224_02

フルペイントの塗色は「アーバン・マット・オリーブグリーン」で、メーターバイザーやシングルシートカウルもペイント。テールカウルのステンシルの「937-110」の数字は排気量と最高出力で、遊び心が効いている。イエローにペイントした前後ブレーキキャリパーがアクセントになっている。モトコルセではこういったペイントのオーダーにも対応している

motocorse_monster_211224_03

ラジアルブロック スクエアエッジコンセプト ライディングフットペグ
4万6,200円

身体のホールドやステップワークに適した、靴底と確実にグリップ。ローレット加工ではなく、ブロック形状を放射状に切削し、全方向にグリップ力を発揮。雨で濡れても滑りにくい。純正ペグと交換する可倒式

motocorse_monster_211224_04

チタニウム プロテクションスクリーン
2万4,200円

不可能とされていたチタニウムのエッチングを世界で初めて採用。前輪が巻き上げる飛び石や飛来する虫の衝突から大切なラジエターのコアを守り、フィンの潰れを防ぐ。酸に強いチタウム性なので、虫の体液でサビたり変色しないのも大きなメリット

motocorse_monster_211224_05

アクスルスライダー フロント
1万4,080円

転倒時にフロントフォークのレッグ部を守る、車体幅が狭く接地しやすいドゥカティには必須のプロテクションパーツ。路面に引っかかりにくいラウンド形状のジュラコン製のスライダー本体は、モトコルセ独自の9ホールデザイン。左右を繋ぐシャフトはアルミ削り出しで、固定ボルトはチタニウム製

motocorse_monster_211224_06

アクスルスライダー リヤ
1万7,380円

転倒時にスイングアームやアクスル部を守る。統一感のあるモトコルセ独自の9ホールデザイン

motocorse_monster_211224_07

DBT Design チタニウム ハンドルバーエンドウエイト
1万8,480円

モトコルセの創業時から続くパテンテッドDBTデザインは、チタニウム材から削り出し、MCロゴと8個のディンプルが整然と並ぶ。センターの取り付けボルトの頭はバーエンドと同じ曲面に仕上げた特注品を使用

motocorse_monster_211224_08

DBT Design チタニウム オイルフィラーキャップ
1万3,200円

DBTデザインとチタンの輝きでエンジンのドレスアップはもちろん、ワイヤリング孔を装備するのでレースやサーキット走行会にも使用可。六角穴は工具と面接触になるように極細のエンドミルで切削加工を施す

motocorse_monster_211224_09

フューエルタンクキャップ クイックオープンタイプ
2万7,280円

鍵を使わずにレバーを軽く押しながら回すだけで開けられる。CNC加工による繊細な削り出しや、浮き出たロゴマークも魅力。カラーはブラックの他にシルバーとゴールドも用意

motocorse_monster_211224_10

ユニバーサルマウントシステム
マウントベース 2万680円
スマートフォンホルダー 2万4,200円

車種専用設計のマウントベースはメインキーのカバーに専用ボルトで装着。乗車中に視界を遮らず、装着機器を車体のセンターにスッキリとセットできる。写真のスマートフォンホルダーの他にも、ナビゲーションシステムやGoProなどアクションカメラを装着するステー類を多数用意する

モトコルセ
ビモータやヴァイルス、アヴィントンなどプレミアムなバイクをはじめ、STMやALTHなど高品位パーツの正規輸入元を務め、ドゥカティライフスタイル東京、ドゥカティ埼玉の母体でもある。ドライカーボンやCNC切削、チタニウムなど高品質素材を用いたオリジナルパーツの開発・販売も行う。取り扱うプレミアムバイクをベースに、世界の一流パーツやオリジナルパーツを組み込んだ「コンプリートバイク」の製作に力を注ぐ

custom_motocorse_logo.jpg
協力/ モトコルセ