custom_motocorse_201020_main.jpg
カスタム&パーツ
BIMOTA TESI 3DCR Speciale
MOTO CORSE

ハブセンターマシンを磨き上げた至高のコンプリート

スペチアーレと命名された唯一無二の存在感

custom_motocorse_201020_01.jpg

イタリアのビモータ社は、一般的なテレスコピック式フロントフォークと大きく異なる“ハブセンターステアリング”機構を持つTESI 1Dを1989年に発表、それから進化・熟成を重ねたのがTESI 3D NAKEDだ。

このモデルをベースに、モトコルセがオリジナルのカーボン外装やカラーリング、ファクトリーマシンに迫るブレーキシステムを搭載。そしてエンジンチューニングをさらに活かすため、モーテック社のエンジンマネージメントシステムを投入したコンプリートマシンが「TESI 3DCRスペチアーレ」だ。

ドゥカティエンジン最後のテージ、最後のビモータ

ちなみに2019年にビモータはカワサキとの合弁会社となったため、TESI 3D NAKEDはカワサキ以外のエンジンを搭載する最後のビモータ車となる可能性が高い。僅少ではあるがモトコルセではTESI 3D NAKEDのファイナルモデルを取り扱っているので、今が手に入れる最後の機会といえる。

custom_motocorse_201020_02.jpg

ドライカーボンで新造したヘッドライトフェアリングは、STDのフォルムを踏襲しながら大型のラムエアインテークダクトを装備。バイザーもドライカーボンで、ヘッドライトをLEDマルチプロジェクターに換装

custom_motocorse_201020_03_f4f5fa.jpg

カーボンフューエルタンクは後端の形状をリファインし、シャープなスタイルとホールド性の向上を両立。樹脂製のSTDに比べ軽量なのはもちろん、肉厚が薄いため容量もアップ。フューエルキャップも同社のオリジナルのアルミ削り出し。クロームのグラフィックは伸縮性がない素材のため、エクステリアの曲面に合わせて三次元的に切り出している

custom_motocorse_201020_04_f4f5fa.jpg

ドライカーボン製モノコック構造のシートカウルは、STDと異なりサブフレーム(シートレール)を持たないため、大幅な軽量化が可能。シートはカーフレザーのパンチングで、ダイヤキルトステッチを施す

custom_motocorse_201020_05_f4f5fa.jpg

ハブセンターステアリングのバイクならではのキャスター保持、およびハンドルとつながるリンクロッドもチタンで製作。フロントスイングアームのプロテクターもドライカーボン

custom_motocorse_201020_06_f4f5fa.jpg

フロントディスクはモトコルセがSICOM社とのコラボで製作したセラミックカーボンのGPタイプフローティング。キャリパーはブレンボのGP4RX P4-32/32で、ラジアルマウントのキャリパーサポートも専用品

custom_motocorse_201020_07_f4f5fa.jpg

スペチアーレ専用カラーにアルマイト処理したオメガプレートで挟み込んだエンジンは、ドゥカティの空冷L型2気筒1100cc“エヴォルツィオーネ”。ピスタルレーシングの鍛造ハイコンプピストンを投入し、シリンダーヘッドも独自にチューン。乾式クラッチはSTM社のドライコンバージョンキットで、Evo-GPスリッパーを装備。撮影車(デモ車)はさらなるエンジンチューンのテスト用に水冷Lツイン用のクランクケースを使用

custom_motocorse_201020_08_f4f5fa.jpg

リヤディスクはALTHのベンチレーテッド、キャリパーはブレンボのMoto3 P2-32で、キャリパーサポートはCNC切削。ホイールはBST社のカーボンコンポジット「BLACK DIAMOND」を装備

custom_motocorse_201020_09_f4f5fa.jpg

エンジン制御はモーテック社のフルコンM130で行い、メーターもモーテックのC125ダッシュボードを、ドライカーボンで専用に作成したダッシュパネルに装備。クラッチ/ブレーキともにブレンボ製の切削マスターシリンダーに換装し、モトコルセのリザーバータンクを装着。革巻きのハンドルバーが斬新。ナビやスマートフォンを装着できるユニバーサルマウントシステムも装備する

custom_motocorse_201020_10_f4f5fa.jpg

サイドスタンドまでドライカーボンで製作。軽量な上に、当然ながら強靭。足で払うのを躊躇するほどのクオリティを放つ

custom_motocorse_201020_11_f4f5fa.jpg

チタン製のフルエキゾースト。φ50.8mmのエキゾーストパイプの曲がり部分は、チタンの平板から切り出したパーツをテーパー状に丸めていくつも並べて溶接。これはMotoGPマシンと同じ製法だ。サイレンサーのエンド部は、車体センターの下方向に絞ったティアドロップ状のハニカムメッシュパターンと、凝りに凝った意匠

モトコルセ
ビモータやヴァイルス、アヴィントンなどプレミアムなバイクをはじめ、STMやALTHなど高品位パーツの正規輸入元を務め、ドゥカティライフスタイル東京、ドゥカティ埼玉の母体でもある。ドライカーボンやCNC切削、チタニウムなど高品質素材を用いたオリジナルパーツの開発・販売も行う。取り扱うプレミアムバイクをベースに、世界の一流パーツやオリジナルパーツを組み込んだ「コンプリートバイク」の製作に力を注ぐ

custom_motocorse_logo.jpg
協力/ モトコルセ