ride-knowledge_001_main.jpg
ピックアップ

カワサキはいつからライムグリーンなのか?【ライドナレッジ001】

カワサキ=ライムグリーン”。市販車でもレースでももはやバイクファンなら常識(?)といえるほどイメージが強いが、そもそもなんでライムグリーンなのだろう?

初めてのライムグリーンは1969年

爽やかな印象のグリーンだが、欧米でライムグリーンは“不吉”“不気味”な色とされる部分もあり、必ずしも良いイメージではない。欧米の映画やドラマでグリーンのモンスターや悪魔を見たことがあるはずだ。

カワサキが初めてライムグリーンを纏ったのは、1969年にアメリカで開催されたデイトナ200マイルレースに参戦した、ファクトリーマシンのA7RS(2ストローク2気筒338cc)とA1RAS(2ストローク2気筒247cc)。前年の1968年からライムグリーンの塗料を開発して用意しており、1969年デイトナ200マイルではライダーのレザースーツからメカニックの布ツナギまでがライムグリーンに統一された。

当時、アメリカは世界最大の二輪市場であり、デイトナ200マイルレースでの活躍が販売に直結。そこでカワサキは、バイクファンに強くアピールするために、あえて強烈なイメージを持つライムグリーンを選択したのである。すでに日本のライバルメーカーが、目立つ原色をイメージカラーにしていた、という理由もあったという。

この後もH1RやH2R(市販車の500SSマッハⅢや、750SSベースのレーシングマシン)が活躍し、カワサキ=ライムグリーンのイメージが定着するとともに、その強さから「グリーンモンスター」と呼ばれるようになった。
……と、目立つためにライムグリーンを選んだカワサキだが、じつはそれ以前のイメージカラーは「エンジっぽい赤」。1960年代初頭のモトクロッサーは“赤タンク”と呼ばれ、当時のライダーの憧れだった。またロードレーサーは“赤×白”のツートーンで、コレはコレでけっこう洒落ていた。

赤系のカラーが多かったカワサキ

カワサキの市販バイクは、近年はNinjaZXシリーズをはじめ最初からライムグリーンがラインナップされるが、かつてはエポックなバイクの初登場時はライムグリーンは設定されず、むしろ赤系のカラーが多かった(W1、Z1/2、Z400FX、GPZ900R、ZEPHYR等々)これは赤がイメージカラーだった名残なのだろうか? また、ZRX1100&1200シリーズもライムグリーンイメージが強いバイクだが、初期型にライムグリーンの設定はなかった。

そして蛇足ながら、ライムグリーンの由来について「東京の山手線の電車のウグイス色の塗料を大量に用意し過ぎて余ったため」というウワサもあったが、これはまったくの与太話。山手線の車両を川崎重工が作っており、1960年代前半からウグイス色に変わったタイミングから、電車好きバイク好きの誰かが創作したのだろう……。

ride-knowledge_001_01

1969年 A7RS

初めてのライムグリーン

ride-knowledge_001_03

1966年 A1R

ライムグリーンの前は、特徴的なエンジ×ホワイトがカワサキのイメージカラーだった

ride-knowledge_001_04

1969年 H1R

ride-knowledge_001_05

1979年 KR250

ride-knowledge_001_06

1979年 KR350

ride-knowledge_001_07

1981年 KR1000

ride-knowledge_001_08

1982年 KR500

ride-knowledge_001_09

1982年 KZ1000S

ride-knowledge_001_10

1984年 KX125SR

ride-knowledge_001_11

2008年 ZX-RR

そんなカワサキの最新技術が詰め込まれた、Ninja H2 SX SE+に無料で1カ月乗れるキャンペーンはこちら