イベント

袖ケ浦フォレスト・レースウェイについて【バイギャザ・ワンポイントアドバイス】

バイクギャザリングが開催される袖ケ浦フォレスト・レースウェイは都心からのアクセスに優れており、ビギナーからベテランまで様々なジャンルのバイクで楽しむことのできる
bikegathering_sodegaura_main.jpg

都心からのアクセスが抜群で、ビギナーからベテランまで楽しめる

袖ケ浦フォレスト・レースウェイは2009年にオープンした千葉県袖ケ浦市のサーキット。都心からのアクセスが抜群で、全長は2.4km。2本のストレートとヘアピンから高速コーナーまで、大小14のコーナーで構成される。
ビギナーからベテランはもちろんのこと、様々なジャンルのバイクで走り甲斐があるサーキットだ。

ガソリンの購入はコントロールタワー下、事務所から

サーキット走行で大事な燃料はコントロールタワー下の窓口で購入して給油してもらうことができます。
「自走で来たのに、営業時間内に間に合わず燃料が入れられなかった!」とならないように、自分の走行枠すべてが終了したら早めに給油をしておこう!

bikegathering_sodegaura_01.jpg

コントロールタワー

bikegathering_sodegaura_02.jpg

ガソリン購入受付

bikegathering_sodegaura_03.jpg

給油所

音量規制について

排気騒音規定値は95dB以下。
マフラーの出口より後方1メートル、地上1メートルの地点で最高出力回転数の75~80%までエンジンを回した状態を保持し、その際に測定した音量が95dB以下の車両が走行可能。

基準をクリアした車両であっても、走行中にはいくつかのポスト及びコース外(近隣の道路など)で音量測定を行い、袖ケ浦市の環境基準(敷地境界線にて60dB以下)を超えるものは走行を中止とさせていただく場合があります。

基本的にはSTDマフラーが好ましいのですが、走行中、高回転域で大きな音量に変化するものは回転数を絞って走っていただくこともあります。その際はオレンジボールフラッグで対応いたしますので、ピットインしてスタッフの指示に従ってください。

なお、開催途中で走行中止となった場合でも参加代金の返金は致しかねます。

袖ケ浦フォレスト・レースウェイ

更新日
2021/03/02
公開日
2021/01/01

RIDE LECTURE Rd.02

2021/09/11SAT 開催
9/11の第2回は「加速で安定して曲がれる」です。 座学/実技:10:30~12:00 座学で約30分、実技で1時間の合計1時間30分。 ※RIDE LECTUREにお申し込みの方にサーキット走行はございません。 ※9:30〜10:00までに受付をお済ませください。 料金:5,500円(保険込み)