img_article_detail_01

カーブが思ったよりきつかったら?

oshiete-nemoken_005_main.jpg

A.アタマと上半身で思いきり重心を下げましょう

ツーリングで曲がりくねった道、いわゆるワインディングロードを右へ左へとコーナリングしながら駆け抜けるのは、まさにバイクの醍醐味ですよネ。

慣れない頃はカーブの多い山道を避けていたのに、楽しくなるとカーブがないと退屈に感じたり……とはいえ、たまにドキッとするのが、コーナリング中にカーブが思ったよりキツイのに気付いたとき。

そんなとき、ツーリング・ペースで走っていたならば、躊躇せずにアタマと上半身を、思いきり内側の下方向へ低く身構えてください。
ご本人は思いきりのつもりでも、ちょっと横へ身を乗り出した程度だと効果がありません。外側のハンドルを掴んでいる腕が伸びきってしまうくらい、アタマと上半身が「路面に近い!」と感じるまでやってみましょう。

また両腕や背筋から腹筋や脇腹まで、力んだ状態だと効果半減です。身体の移動も力まず、思いきりイン側下方向になったら即ダラ~ッとさらに脱力しましょう。

どうです? それまでの旋回軌跡より内側へ曲がりはじめますよネ。

MotoGPでも同じ理屈

oshiete-nemoken_005_01.jpg

これ、MotoGPなどで見るコーナリングフォームと同じ理屈で、バイクのイン側の低い位置へ重心があると、前後輪が促されて小さく曲がろうとする特性を利用しています。

イザというときのために……!

ただ、すでに深々とバンクした「攻める」ライディングでコーナリングしていたら、この方法ではそこまでの変化は期待できません。
軽くフロントブレーキをかけ反力でバイクを起こし気味にして、直後のリリースで向きを変えるなど、高度なテクニックが必要です。

そんなリスクを冒さないよう、カーブの手前で充分な減速を!なのですが、あまりにマージンあり過ぎだと楽しくないのはご存じの通り。
そこでカーブが思ったよりきつかったら、慌てず対処できるように、カーブの途中でアタマと上半身で思いきり重心を下げる操作を予め身につけておきましょう。
繰り返し試しておけば、イザというとき慌てずに済むのでぜひ!

Words:根本 健