img_article_detail_01

エンジンブレーキは使う? 使わない!?【教えてネモケン064】

oshiete-nemoken_066_main.jpg

A.高い回転域のエンブレは使わない

ライテク本にはコーナリングに入る手前でブレーキでしっかり減速し、
エンジンブレーキをあまり使わない……と書いてあります。
しかし峠道などで、ベテランの人はどうみてもブレーキを使わずに進入していくシーンが見られます。
私の場合は、どんなスピードが遅いカーブでもフロントブレーキを少し使うなどして
エンブレだけで入っていくことができません。
どのように使うといいのでしょうか。

そもそもエンジンブレーキってなに?

確かにライテク本などで、エンジンブレーキを使わない、もしくは頼らないでコーナーへ進入するのが良いと記されています。本誌でもそう書いていることが多いですよね。ただこれは言葉の問題というか、エンジンブレーキという用語をどう解釈しているかで大きな勘違いを生じてしまうかもしれません。そこでエンジンブレーキの定義? のようなものを先にお話しておきましょう。

エンジンブレーキとは、エンジンが高回転時にスロットルを閉じたとき、燃料と空気がアイドリング時の最低限までしか供給されないため、低い回転域まで戻ろうとする際に生じる抵抗を制動効果として利用することを言います。

つまりスロットルを戻すと速度が下がるわけで、フロントブレーキをかけることによって生じるノーズダイブ(フロントフォークの沈み込み)が怖いビギナーにとっては、安心できる減速方法としてコーナー手前の減速区間では強い味方にもなります。

ただ当然ですがエンジン回転が高くないと制動力が弱いため、4速で走っていれば3速や2速までシフトダウンする必要があります。このとき急激にクラッチを繋ぐと、回転差で後輪がスリップしたりするので、ギヤチェンジのためクラッチを切った瞬間にスロットルを少し捻ってエンジン回転を上げて、回転差を少なくしておくテクニックが必要になります。

これは、ビギナーには難易度の高い苦手なシーンというのが一般的でしょう。

oshiete-nemoken_064_01

乗り手が制御できない高回転域のエンブレ

ブレーキに不安を持つビギナーのときほど、エンジンブレーキに頼りがちになることが多い。特に気をつけたいのが、高いエンジン回転域で使用すること。確かに制動効果は高いが急激に効き始めるためコントロールしにくく、車体が不安定な状態になる

ベテランはエンジンブレーキ効果を使っているわけではない

さてご質問のコーナー手前の状況だと、コーナー進入に備えた減速による速度調整は、ほぼ終えた状態ですよネ。これからリーンして曲がりはじめる直前なので、前後のブレーキは解放しているか、わずかに使っている状態でしょう。旋回バンクしているときのブレーキは、いうまでもなくスリップしやすくリスクがあります。

このとき当然ですがスロットルはまだ閉じたまま。でもエンジン回転はすでにエンジンブレーキが強く効く回転域ではないはずです。もしも制動効果が強い高回転域のままリーンしたら、旋回中に急激な減速があってバイクも安定して曲がれません。イメージされている、エンジンブレーキだけでコーナーへ進入していくという状態ではないと思います。

またベテランになると、緩やかなカーブや逆にきついカーブが連続するS字コーナーなどでは、ブレーキをかけて速度調整する必要があまりないため、エンジン回転が高くない回転域でスロットルによる速度調整レベルでコーナーへ進入していくケースも多くなります。

ご質問のシーンはこれに該当すると思いますが、エンブレ効果を使っているのではなく、またエンブレだけでコーナーに入っているわけでもありません。

それは重ねてきたキャリアから、次のカーブをリスクなく曲がれる速度がどのくらいか、おおむね予知できているからです。慣れていなければ、万一に備えてブレーキをかけて余裕のある速度域まで落としてから進入する……もちろんこれで正解です。

コーナー進入で仲間のバイクに離されてしまうということを気にかける気持ちはわかりますが、そこで無理をして緊張してはライディングを楽しんでいる状態ではなくなります。

慣れてきたら、ベテランの後ろについて、同じペースで走ると余裕があることがわかってきますが、それはあくまでもご自分が納得できてからのハナシ。もしやと思う警戒心が働いているうちは、絶対にマイペースで走るべきです。

それと、ライテク企画でエンブレを使わない・頼らないことをお伝えしているのは、コーナー進入時の曲がる寸前で、強いエンブレ減速がある状態を避けましょうという意味です。

エンジン回転域を低く保ちながら旋回へ移行する意識を持たないと、コーナー後半でスロットルを大きく開けることができません。これでは、後輪に駆動トルクを与え、トラクションという後輪グリップによって旋回を安定させて強く曲がれる状態が得られなくなってしまうからです。

oshiete-nemoken_064_02

ベテランがブレーキを使わずにコーナーに進入できるのは?

曲率が穏やかなカーブや同じようなカーブが連続するS字コーナーに、ベテランはブレーキを使わずに進入していくことがある。これはエンジンブレーキ云々というより、ベテランが次のカーブをリスクなく曲がれる速度をイメージできるため。先にあるカーブの曲率を読むテクニックに長けているからこそできる

Words:根本 健 Photos:MV AGUSTA,BMW