What's New

2021年シーズンのMotoGP日本グランプリがキャンセル

motogp_210623_main.jpg

2年連続、日本グランプリが中止に

FIM国際モーターサイクルリズム連盟は23日、「Motul Grand Prix of Japan』が新型コロナウイルスの影響により2021年の開催をキャンセルすることを発表。

昨年6月1日、ツインリンクもてぎで22年連続開催を予定していたが新型コロナウイルスの影響を受けて開催をキャンセル。今年はシーズンの15戦目として10月1日から3日に開催を予定していた。

以下、MotoGP.comより

カルメロ・エスペレータ(ドルナスポーツ最高経営責任者)
MotoGPのイベントを開催するための運営およびロジスティック上の要求は、6月中に2021年シーズンの後半戦を定義する期限であり、モビリティランドは、日本グランプリの実行可能性を確認する必要がありましたが、現時点で開催を確認することができなかったことから、残念なことに、2022年にもてぎに戻るという決断を下さなければいけませんでした。日本は『FIM MotoGP World Championship(MotoGP世界選手権)』にとって非常に重要な国であり、プレミアクラスに参戦する日本の3メーカーが、このスポーツの正真正銘の礎石となっています。1992年の最初のイベント以来、日本グランプリを素晴らしいイベントにしてくれたモビリティランドに感謝します。」

田中薫(モビリティランド株式会社代表取締役社長)
「今年の日本グランプリは、この秋に日本に戻って来ることを期待して準備を進めてきました。シーズン後半の計画に向けて、このタイミングで確実にイベントを開催するかを決める必要がありました。現状の旅行事情や国内外での滞在制限を考慮すると、グランプリをキャンセルさぜるを得ないという結論に至りました。大変残念な結果です。ファンの皆様、関係者の皆様には心から感謝申し上げます。」

motogp_210623_01
motogp_210623_02
motogp_210623_03