custom_kfactory_201015_main.jpg
カスタム&パーツ
KAWASAKI Z900RS
K-FACTORY

懐かしの“4-1直管”スタイルを最新技術で実現

機械曲げの限界を超える美しさと迫力

カワサキが往年の名車“Z1”を彷彿させるZ900RSを2018年に発売すると同時に、最速でカスタム車を製作したケイファクトリー。

本来モノサス(1本サス)であるリヤサスペンションの2本ショック化や、フロントフォークを倒立から正立フォーク化するなど、ライダーの願望を取り入れた大胆なカスタムは、バイクファンや二輪業界を驚かせた。そしてどこよりも早く市販パーツを販売した。

そんなケイファクトリーがリリースするZ900RS用最新パーツが、スチール製のフルエキゾーストマフラー。まさに’70年代をイメージさせる手曲げのようなエキパイの曲線から繋がる4-1方式の集合、そして直管スタイルのサイレンサーは、レトロなスタイルを求めるカスタム好きには堪らない。

custom_kfactory_201015_01.jpg

しかも武骨なルックスにも関わらずサウンドはジェントルで、JMCA認証の車検対応品。ケイファクトリーの技術力の高さとバイク好きの情熱を感じさせる逸品だ。

もちろんマフラー以外にも様々なパーツを用意。そのラインナップはZ900RS用としてはどこよりも多いと思えるほど。

ケイファクトリーのウェブサイトを覗いて、カスタムを妄想するだけでも楽しい!

※プライス表記はすべて税込み価格です

custom_kfactory_201015_02.jpg

CSR+フルエキゾーストマフラー
スタンダードタイプ(JMCA認証)
16万2800円

Z900RSに良く似合う’70年代の直管スタイルのスチール製集合マフラー。φ42.7mmの極太エキゾーストパイプを、独自の3Dベンダーによって手曲げのような曲線で曲げ、4-1集合部を経てφ70mmのテールパイプに繋がる。厚いトルクで加速力を増し、レトロなルックスながらサウンドは極めてジェントル。JMCA認証の車検対応品

custom_kfactory_201015_03.jpg

ライディングステップ
6万3800円

ジュラルミンを高精度で削り出したライディングステップは4ポジション可変。シフト/ブレーキペダルは、万一の転倒時もペダル操作にステップバー損傷の影響が出にくい別軸タイプで、スムーズかつ剛性の高い操作感のベアリング仕様。逆チェンジも可能。カラーはシルバーとブラックを用意する

custom_kfactory_201015_04.jpg

アルミテールカバー
6万3800円

“ノーマルは少し短い……”と感じているユーザーに向けて作った、アルミ板を独自のプレス加工しバフ仕上げしたテールカバー。付属の両面シールで簡単装着でき、イメージが大きく変わる

custom_kfactory_201015_05.jpg

ビレットブレーキレバー
2万6180円

万一の転倒時も折損しにくい可倒式のビレットレバーに、ブレーキ時のタッチを調整できるレバー比(2段階)の可変機構を備えたモデル。別売りのレバーアジャスターやアジャスタブルワイヤーセットの装着が可能。シルバー、ブラック、ゴールドの3色を用意

custom_kfactory_201015_06.jpg

ラジエターコアガード
1万8700円

飛び石や虫の飛来からラジエターのコアを守る。耐久性の高いステンレス製で、前輪からの巻き上げが多い中央部は目が細かく、両サイドは冷却性を考慮した粗目のハニカムメッシュ。ラジエターをワイルドに演出する、独自のプレス仕上げのラジエターサイドカバータイプII(1万3200円)も人気製品

ケイファクトリー
マフラーのエキパイの連続した曲げ加工が可能な「3Dベンダー」を二輪業界で初めて導入。手曲げに劣らぬ美しい曲線と機械曲げの正確さで高い性能を維持するフルエキゾーストマフラーを製作。ブルーの焼け色付きのマフラーの草分け的存在でもあり、旧車から最新モデルまで膨大なラインナップを誇る。最近はゴールドのマフラーも人気で、オーダーメイドマフラーの製作も行う。またライディングステップをはじめ、CNCマシンによるビレットパーツも数多く制作。金属加工のプロフェッショナルだ

custom_kfactory_logo.jpg
協力/ ケイファクトリー