イベント

サーキット走行はタイヤのエア圧を気にしよう!【バイギャザ・ワンポイントアドバイス】

サーキット走行では、タイヤの空気圧管理が大切!バイクギャザリングではタイヤメーカーの出展もあるので、ご自身のバイクとタイヤに合わせた空気圧設定を聞いてみてください!
bikegathering_tirepressure_main.jpg

サーキット走行はエア圧のチェックが大切!走行前に必ずチェック!

自走でサーキットに来た場合でも、走行前にエアチェック。サーキットは公道とは空気圧が異なります。

大きな段差がなく、2人乗りをしないサーキットは、空気圧を低めにして路面追従性を優先することが多いからです。もちろん帰路は指定空気圧に戻すのを忘れずに!

bikegathering_tirepressure_01.jpg

どのくらいのエア圧にすればいいかわからない……!

バイクギャザリングに出展している各種タイヤメーカーのブースでは、タイヤに詳しいプロたちが的確なアドバイスをしてくれます。

自分でエア圧の調整をするのが不安な人は、ぜひ出展ブースへお立ち寄りください!

bikegathering_tirepressure_03.jpg
bikegathering_tirepressure_04.jpg

もっと知りたい人は
教えてネモケン「Q.サーキットは空気圧を下げるってホント?」
も参考にしてみてください。

更新日
2021/03/08
公開日
2021/01/01

RIDE LECTURE Rd.02

2021/09/11SAT 開催
9/11の第2回は「加速で安定して曲がれる」です。 座学/実技:10:30~12:00 座学で約30分、実技で1時間の合計1時間30分。 ※RIDE LECTUREにお申し込みの方にサーキット走行はございません。 ※9:30〜10:00までに受付をお済ませください。 料金:5,500円(保険込み)