husqvarna_20220330_main.jpg
このバイクに注目
Husqvarna
Norden 901
2022model

【Husqvarna Norden 901試乗インプレ!】 オフロード老舗ブランドの初アドベンチャーツアラー

タフさを漂わせながら乗ればフレンドリー
旅バイクとしての新しいスタイルが魅力

ハスクバーナ「Norden901」新しいアドベンチャーツアラー|RIDE IMPRESSION|RIDE HI

husqvarna_20220330_01

ハスクバーナといえばスウェーデンのオフロードバイク・メーカー。モトクロスやラリーで大きな排気量のクラスで覇を競う逞しさがイメージのブランドだ。 そのハスクバーナがKTM傘下となり、独得なマイノリティ感の単気筒スポーツバイクで個性派を強く印象づけてきたが、本来ノウハウの蓄積で定評のあるモトクロスやエンデューロでも変わらずファンに応えてきた。
そして登場したNorden(ノーデン)901。ハスクバーナ・ブランドも活躍の場であるパリダカールのイメージで、砂漠を高速で突っ走る大柄でサバイバルな逞しさと、このどこへでも行けるアドベンチャー感が融合した新しいカテゴリーのNewモデルだ。各メーカーがこぞって参入してきた人気のこの流れに、本格派がリリースした最後発だけに注目度は高い。

husqvarna_20220330_02

スロットルひと捻りで頼もしいトラクションが楽しめて
基本は意外なほど温和なツアラーの親しみやすさが嬉しい

パワーユニットと足回りを含めた基本骨格は、同じグループのKTM890アドベンチャーと共通だが、その走りはツアラーとしてのキャラクターをどうまとめていくかに対し、大人の感性でキャリアの浅いライダーでもすぐに馴染めて楽しめる敷居の低さを優先しているのが明確だった。何よりそれを感じさせるのがサスペンション。前後ともたっぷりとしたストロークは、スロットルの開け閉めをやんわりと必要な姿勢変化へ繋げるので、直感的にこの開け方で曲がっていける、もしくは閉めたまま旋回小回りへ誘導してくれる懐の深さが嬉しい。
ともすればオフ系のレスポンスから勢いがあって、その荒々しさはキャリアのあるライダーには大事な醍醐味だが、ビギナーにはそこが警戒心のきっかけとなり、大きめの車体に及び腰になって溶け込むのに時間がかかる、もしくは諦めてフツーのスポーツバイクへ戻らせてしまう原因にもなる。
そこがNorden901の、ゆっくりとした、それでいて駆動力や応力の向く方向がわかりやすく変化するレスポンスだと、こうしたアクションへ自然と誘導してくれるので、いつの間にかスロットルの開け閉めで操作する基本と楽しさを覚えてしまうはずだ。
こういった楽しみ方は、旅バイクとして大事な要素だと思う。快適なサスペンションや振動のない穏やかさは、一定以上の時間と距離を超えると唯々飽きもきて、乗っていることが次第に苦痛へと変わる可能性も内包している。
アドベンチャー系という、アクティブなバイクのイメージを、扱いにくさではなく楽しさへ変えるフレンドリーさはだから大事なのだ。そしてこれを勘所を掴んだ特性で馴染やすく楽しませるノウハウはどこにでもあるものではない。走りだした途端、そう思わせる秀逸さがこのハスクバーナのNorden901の魅力だろう。

husqvarna_20220330_03

大柄にみえる車体の中心にライダーを座らせ
軽快に操作できる感覚がビッグバイクではない

いかにもパリダカールな燃料タンクが振り分け左右の下まで伸びた仕様は、シート高もあって目線も高い乗車姿勢からくるイメージの、上のほうが重くて扱いに体力を使うこれまでの常識を覆していた。
わかりやすくいうと、腰から膝のあたりまでに車体のロール運動の中心があり、リーンを軽快に感じさせる。さらに低速のターンで、こうしたカテゴリーのバイクにありがちな、バンクするとグラリときそうな高い位置に重さがある傾向は皆無。
アライメントも浅いバンクですぐ曲がりはじめる設定で、先に述べたようにスロットルのひと捻りと車体へ身体をあずけていれば、行く先へわかりやすいベクトルで進んでいく安心感と醍醐味で楽しいったらない。
また長時間のツーリングで気になるブレーキのタッチも、仕様をオンロードスポーツの設定としているため、オフ系だから少し強めにかけようという状況にはならない。おまけに6軸センサーによる最新のコーナリングABSもあって、オンロードスポーツと変わらない安全マージンの配慮も、これからバイク選びをする大人のライダーには見逃せないファクターでもある。

husqvarna_20220330_04

目的地よりプロセスを楽しめるツーリングが増える
新しいカテゴリーが育むバイクライフが期待できる

ツーリングは距離を稼ぐチャレンジに陥ると、いつかそれが億劫さに繋がるのは経験を積んだライダーなら覚えがあるはず。距離や時間ではなく、意外な発見に遭遇しやすい基本は「道を選ばない」ことかも知れない。
だからといって非舗装路にその答えがあるわけではないのはいうまでもないが、そのポテンシャルを携えたバイクに乗っているという気持ちの変化で背中を押されることはあるだろう。
そんな意味も含めて、新しいバイクライフを意識するなら、ぜひ北欧デザインも爽やかなNorden901にショールームで跨がってみることをオススメしたい。 目の前の大きなモニターパネルで、いくつもの夢を馳せる時間に浸れるはずだ。

husqvarna_20220330_05

SPEC

Specifications
HUSQVARNA NORDEN 901
エンジン
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量
889.5cc
ボア×ストローク
90.7×68.8mm
圧縮比
13.3対1
最高出力
77kW(105hp)/8,000rpm
最大トルク
100Nm(8.98kg-m)/6.500rpm
変速機
6速
フレーム
クロームモリブデン鋼
車両重量
204kg
キャスター/トレール
26°30’/108mm
サスペンション
F=テレスコピック
R=スイングアームモノショック
タイヤサイズ
F=90/90R21 R=150/70R18
軸間距離
1,513mm
シート高
854mm
燃料タンク容量
19L
価格
174万5000円
協力/ ハスクバーナ・モーターサイクルズ