youngmachine_multistrada-v4-s_210306_main.jpg
このバイクに注目
DUCATI
MULTISTRADA V4 S

ムルティストラーダV4Sは真のアドベンチャーバイク……!その秘訣はエンジン搭載位置にあった【ドゥカティ・ムルティストラーダV4S】

RIDE HI × ヤングマシン

RIDE HIとヤングマシンがムルティストラーダV4Sの魅力を違う視点から探っていく、この企画。
今回は、新V4エンジンの“積載位置”による進化を探る。

「ムルティストラーダV4S」関連記事

ドゥカティが2021年モデルとして発売する「ムルティストラーダV4S」シリーズは、パニガーレV4/ストリートファイターV4に次いでV4エンジンを搭載したアドベンチャーマシン。この新エンジンを採用したのには、ある目的があった。

世代交代を印象付けるため? そんなことはなかった!

デスモドロミック!? そんなセンセーショナルな見出しが躍ったムルティストラーダV4Sの登場時、新V4エンジンの採用は商品性の向上や、厳しくなる環境対応にともなうエンジンの世代交代のためだと思われていた。

実際に、新V4エンジンはスプリングによるバルブリターンシステムを採用することでメンテナンスインターバルを伸ばしたり、気筒数が増えたにもかかわらずエンジン単体での重量低減とコンパクト化を推進した。

しかし、ドゥカティジャパンによる『V4グランツーリスモ(新V4エンジン) テクニカルプレゼンテーション』で話を聞くほどに、この大掛かりなモデルチェンジは、ムルティストラーダV4Sが新たな地平を目指しているからこその必然だったと理解できた。

エンジン開発の具体的な手法や、初代ムルティストラーダのロードバイク寄りのキャラクターからアドベンチャーマシンに進化してきた歴代モデルについては関連記事を参照していただくとして、ここではV4エンジン搭載を要求したムルティストラーダV4Sのマシンコンセプトを、車体造りの面から紐解いてみたい。

全文を読む写真8点(ヤングマシン公式サイト)

協力/ ドゥカティジャパン

関連記事