What's New

カウル一体型のウイングレットが目を引く、新型 RSV4 Factoryデビュー!【aprilia RSV4 Factory】

aprilia_rsv4factory_210608_main.jpg

最先端技術を市販車にもふんだんに搭載する

aprilia_rsv4factory_210608_02

車両を操るのはMotoGPやWSBKなどで活躍したマックス・ビアッジ

アプリリアが新型のRSV4 Factoryを発表!受注開始は2021年6月9日(火)から、出荷開始時期は7月頃となっている。

新型のRSV4 Factoryは、RS 660のフェアリングからインスパイアされており高い空力性能を発揮する。高速走行時にライダーを風から保護する性能は11%も向上し、エアボックス内の気圧も7%向上。217hpもの出力を誇るエンジンの性能を高い次元で引き出す。

またこのフェアリング開発は、アプリリアレーシングの空力エンジニアが直接関わり、レース用マシンと同じように細かいチューニングが行われ、レースシーンからのフィードバックが反映され、市販車ベースのレースで勝てる車両を作り上げている。
アプリリアはスーパーバイクにエアロダイナミクスを初めて導入したメーカーであり、風洞実験にも余念がない。

aprilia_rsv4factory_210608_01

ダブルウォールフェアリングに組み込まれたウイングレット

aprilia_rsv4factory_210608_05

テールカウルにも空力性能を考えられたと思われる羽が付く

従来モデルからさらに進化した電子制御

電子制御の市販車への搭載もいち早くはじめていたアプリリア。ライドバイワイヤを標準装備としたのもアプリリアが最初だ。
RSV4Factoryにもそんなアプリリアの最先端電子制御が搭載される。

APRC(アプリリアパフォーマンスライドコントロール)が細かい電子制御を可能とする。6軸慣性プラットフォームを採用しており下記の機能を有する。

  • ATC:アプリリアトラクションコントロール
    スロットルを閉じず、走行中に8段階まで調整可能、より高性能な操作ロジックが特徴。
  • AWC:アプリリア ウィリーコントロール
    5段階に調整可能なウィリーコントロールシステムで、より正確な操作ストラテジーを実現。操作しやすい左手側のスイッチブロックにより、ATCと同様、スロットルを閉じず、走行中にウィリーコントロールシステムを調整可能。
  • AEM:アプリリア エンジンマップ
    エンジン出力の特性やパワーデリバリーを変更するための3種類のマッピングを搭載。
  • AEB:アプリリア エンジンブレーキ
    3段階に調整可能なエンジンブレーキシステムで、バンク角を考慮した特殊なアルゴリズムで最適な操作を実現。
  • ALC:アプリリア ローンチコントロール
    3種類の設定が可能なサーキット走行専用のコントロールで、極めて効率的な操作ストラテジーを採用。
  • AQS:アプリリアクイックシフト
    スロットルを閉じたりクラッチ操作を行うことなく、高速でシフトチェンジを可能にする新しい電子制御ギアボックス。ダウンシフト機能も搭載しており、クラッチレスでのシフトダウンが可能。また、スロットルを開けた状態でシフトダウンすることも可能。
  • APL:アプリリア ピットリミッター
    サーキットのピットレーンや公道での制限速度を設定することができるシステム。
  • ACC:アプリリアクルーズコントロール
    電子制御によりスロットルを操作することなく設定速度を維持できる、長距離走行に非常に便利なクルーズコントロール機能を採用。

また、ストリート、スポーツ、ユーザー、レース、トラック1、トラック2の計6種類のライディングモードも搭載する。前半3つが公道での使用を想定されたモード、後半3つがサーキットでの使用を想定されたモードだ。

最新装備がこれでもかと詰め込まれたRSV4Factory。これは、ただハイパワーで扱いにくいバイクではなく、電子制御などの装備によってサーキット以外のシーンでも、乗りやすくなっているのではないかと想像できる。

aprilia_rsv4factory_210608_03

オーリンズ製の電子制御フロントサスペンションを標準装備

aprilia_rsv4factory_210608_04

リヤにもオーリンズ製の電子制御サスペンションが標準装備される

aprilia_rsv4factory_210608_06

LEDヘッドライト。周囲で光るのはデイタイムランニングライトで、被視認性を高める。また、ウインカーも内蔵されており、フロント周りにスッキリとした印象を与える

aprilia_rsv4factory_210608_07

フロントブレーキキャリパーには走行風でキャリパーの温度を下げるダクトが装着されている

aprilia_rsv4factory_210608_08

従来モデルでは、7つの溶接部品から構成されていたスイングアームは3つの部品へと簡素化され、バネ下重量が600g軽量化された。スイングアームの横剛性は、ホイールピン部で30%向上

aprilia_rsv4factory_210608_09
aprilia_rsv4factory_210608_10

アプリリア新型RSV4Factory登場|一体型ウイングレットを備えた新エアロダイナミクス、エンジンやエレクトロニクスが進化した新型モデル

SPEC

Specifications
aprilia RSV4 Factory
エンジン
水冷4ストロークDOHC4バルブ65°V型4気筒
総排気量
1,099cc
ボア×ストローク
81×53.3mm
圧縮比
13.6対1
最高出力
217hp(159.6kW)/13,000rpm
最大トルク
125Nm/10,500rpm
変速機
6速
フレーム
アルミツインスパー
車両重量
202kg
サスペンション
F=テレスコピックφ43mm倒立
R=スイングアーム+モノショック
ブレーキ
F=φ330mmダブル R=φ220mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=200/55ZR17
全長/全幅
2,055/735/
軸間距離
1435.8mm
シート高
845mm
燃料タンク容量
17.9