What's New

Vツインエンジンのストリートファイター。軽さと細さを武器に街でサーキットで暴れ回る!【ドゥカティ ストリートファイター V2】

ducati_streetfighter-v2_211113_main.jpg

ドゥカティワールドプレミア2022の第4弾が発表!

2021年7月22日から始まったドゥカティワールドプレミア2022。序章として新型パニガーレV2 ベイリス 1stチャンピオンシップ 20周年記念モデル発表後、続々と新車種が発表され続け、2021年11月12日午前0時(日本時間)にエピソード4の「A new Fighter in town」として、ストリートファイターV4 SPとストリートファイター V2を発表した。

ドゥカティワールドプレミア2022の流れは以下の通り。

  • DWP | Special Episode - 新型パニガーレV2 ベイリス 1stチャンピオンシップ 20周年記念モデル
    2021年7月22日、日本時間午後11時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
  • DWP エピソード1 | Your everyday wonder
    2021年9月30日、日本時間午後11時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
    ムルティストラーダV2
  • DWP エピソード2 | Mark your roots
    2021年10月14日、日本時間午後11時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
    スクランブラー 1100 トリビュート プロ
  • DWP エピソード3 | Rule all mountains
    2021年10月28日、日本時間午後11時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
    ムルティストラーダ V4 パイクスピーク
  • DWP エピソード4 | A new Fighter in town
    2021年11月12日、日本時間午前0時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
    ストリートファイター V4 SP/ストリートファイター V2
  • DWP エピソード5 | The evolution of Speed
    2021年11月26日、日本時間午前0時(中央ヨーロッパ時間午後4時)
  • DWP エピソード6 | Dream Wilder – DesertX
    2021年12月10日 、日本時間午前0時(中央ヨーロッパ時間午後4時)

Ducati World Première 2022 Episode 4 | A New Fighter in Town (JPN)

快適で力強く、ライディングを最大限に楽しめる

ducati_streetfighter-v2_211113_01

STREETFIGHTER V2

ストリートファイター V2(以下、SF V2)は、パニガーレ V2からカウルを取り除き、ワイドなアップハンドルバーを装着。乾燥重量178kgの車体には最高出力153ps/10,750rpmを発揮する955ccのスーパークアドロ・エンジンと最新の電子制御を搭載する。スーパーネイキッドシリーズのエントリーモデルとなっている。

スポーティなパニガーレ V2のDNAとストリートファイターのコンセプトとスタイルを組み合わせ、ユーザーのニーズに応えるために開発されている。その結果として、扱いきれるパワーと力強いパフォーマンスで最大限ライディングの楽しさを実現する、直感的で扱いやすいバイクが誕生した。

街中での使用に焦点を合わせ、スポーティさと快適性を実現。パニガーレ V2よりもワイドなアップハンドルバーや幅が広く厚みを増したシート、より快適な乗車姿勢のためのポジション変更など、ライダー重視のエルゴノミクスとなっている。

以下、プレスリリースより一部抜粋

  • デザイン
    ストリートファイター V2は、街中でひときわ目立つ存在です。これは、筋肉質なストリートファイター V4の特徴的なキャラクターを受け継ぎ、一目見ただけで、それがストリートファイター・ファミリーであることが分かる印象的なデザインによるものです。しかし、ドゥカティ・スタイル・センターは、力強く独自のキャラクターを提供することを最終目標として、一部のコンセプトを再解釈し、そのユニークなコンセプトを強化するための一連の作業を実施しました。ストリートファイター V2のスタイルは、パニガーレ V2から継承されたメカニズムを中心に構成されています。デスモセディチ・ストラダーレよりも軽量なスーパークアドロ・エンジンは、燃料タンクの美しいラインと一体化し、シャシの構造部材として機能します。
    ボディワークは、新型ストリートファイター V2において、非常に重要な役割を果たしています。主要な2つのラインは、エンジンを介してフロント・フェアリングとテールエンドを自然に接続しています。これらのエレメントが、ボディ構造と見事なハーモニーを奏で、エレガント、俊敏でコンパクトなモーターサイクルのコンセプトに反映されています。
    このニューモデルは、ストリートファイター V4の大きな特徴となっているミニマリスト・デザインに加え、パニガーレ V4を想起させると同時に、有名な“ジョーカー”の不敵な笑みを思い起こさせるV字型DLRを備えた特徴的なヘッドライトを受け継いでいます。さらに、ヘッドライトは、エアインテークを統合したダブルレイヤー・フェアリングの一部となっています。
    モーターサイクルのメカニカル・コンポーネントに追加された各要素は、美しさと機能性を兼ね備えています。これは、エンジンで加熱されたエアの流れと、ノイズをより適切に管理するために装着されているカバー類に見て取ることができます。リアの構造は、プラスチック・コンポーネントで覆われたアルミニウム製トレリスフレーム上に構築されています。
    ドゥカティのエンジニアは、バイプレイン・ウイングを装着することなく、卓越したエアロダイナミクスとパフォーマンスを発揮するための作業に取り組みました。その結果、ストリートファイター V2は、シャシの効率を犠牲にすることなく、非常にクリーンで本質的なスタイルを実現しています。しかし、バイプレイン・ウイングは、サーキットでこのモーターサイクルのパフォーマンスを最大限に発揮させたい情熱的なライダーのために、アクセサリーとして装着することが可能です。
  • エルゴノミクス
    V2バージョンは、ストリートファイターのスタイルを継承し、スポーティなテイストと優れた快適性を完璧に組み合わせたライディング・ポジションを特徴としています。パニガーレ V2と比較すると、ライディング・ポジションは、よりアップライトなものに変更されています。また、ポジションの変更によってライダーの手首への負担が少なくなり、フットレストの位置も見直されたことにより、スポーティなライディング時だけでなく、日常ユースでも素晴らしいコントロール性を提供します。
    パニガーレ V2のセパレート・ハンドルは、高くワイドなアルミニウム製ハンドルバーに変更されています。ストリートファイター V4から派生したシートは、高さ845 mmで、パニガーレ V2と比較して幅が広く、新しいパッドを採用したことにより、快適性も向上しています。
  • エンジン
    ストリートファイター V2には、ユーロ5規制に適合した、955ccスーパークアドロ2気筒エンジンが搭載されています。パニガーレ V2と同様、コンパクトな右側出しサイレンサーを備えたエグゾースト・システムは、完全にエンジンの下に収まっています。最高出力155ps@10,750rpm、最大トルク101.4Nm@9,000rpmを発生するスーパークアドロは、パワーおよびライディングの楽しさを完璧に融合しています。ストリートファイター V2のエンジンは、低回転域から十分なトルクを発生し、幅広い用途に対応する非常に扱いやすいユニットに仕上がっています。
    このスーパークアドロ・エンジンは、シャシの構造部材として機能します。ドゥカティの伝統的な90°V型レイアウトは、ホイールベースをコンパクトにすることを目標として、シリンダーを後方に回転させています。その結果、フロントシリンダーと水平面との間の角度は21°に設定されています。パニガーレ V2のエンジンと同様、直径62mmに相当する楕円スロットルボディは、フルライド・バイ・ワイヤ・システムによって制御されています。
    このショートストローク・エンジン(ボア100mm X ストローク60.8mm)の排気量は955ccで、非常に効率的な流体力学(インテーク・マニホールド径は41.8mm、エグゾースト・マニホールド径は34mm)を備え、きわめて扱いやすく滑らかなパワーデリバリーを特徴としています。バルブは、スポーツバイクからフィードバックされたロッカー・アームを備えたデスモドロミック・システムによって駆動されます。また、摩擦を低減して疲労強度を高める、特別なダイヤモンド・ライク・カーボン(DLC)コーティングも施されています。
    トランスミッションは、ドゥカティ・クイック・シフト・アップ/ダウンEVO 2システムと湿式クラッチを組み合わせた6速ギアボックスが採用され、バックトルクを吸収するスリッパー機能およびプログレッシブ・サーボシステムが装備されています。これらの機能により、軽いクラッチレバーの操作力を実現しながら、加速時にはディスクを押し付ける一方で、ブレーキング時には、より優れたコントロール性を提供しています。
  • シャシ
    ストリートファイター V2のシャシは、わずか178kgの乾燥重量を達成することを目指し、(クランクケース上で直接回転する)片持ち式スイングアームの耐荷重要素としてスーパークアドロ・エンジンを使用し、コンパクトなフロント構造を構成するダイカスト・アルミニウム製のモノコック・フレームは、シリンダー・ヘッドに直接固定されています。
    モノコック・フレームは、複数のテクニカル・エレメントとしての機能を兼ね備えているだけでなく、エアボックスとしても機能し、非常に合理的かつ軽量な構造となっています。ここには、エア・フィルターだけでなく、スロットルボディとインジェクターを含む燃料回路も収められています。スチール製燃料タンクの底面は、これらの機能を密閉するための機能を果たしています。
    シャシ形状は、パニガーレ V2と比較して、ストリートファイター V2を特徴付けるさまざまな用途と重量配分(ライダーが乗車した状態)に合わせて見直されました。ステアリング関連の寸法は、キャスター角が24°、トラベルが94mm、ホイールベースは1,465mmです。フロントとリアの高さを注意深く定義したことにより、重量配分は、フロントが52%、リアが48%となり、スポーティな特性を維持しています。
    フロント・サスペンションには、コンプレッション/リバウンドに加え、スプリング・プリロードの調整が可能な、43mm径ショーワ製フルアジャスタブルBPFフォークが装着されています。さらに、ザックス製ステアリング・ダンパーも装備されています。リア・サスペンションには、プログレッシブ・リンクを備えた、ザックス製フルアジャスタブル・ショックアブソーバーが採用されています。ショックアブソーバーをサイドマウントすることにより、調整メカニズムに素早くアクセスすることが可能です。リンクは、アルミニウム製シングルアーム・キャストと接続されています。
    ストリートファイター V2には、5本スポークホイールと新しいピレリ製ディアブロ・ロッソ4タイヤが装着されています。サイズは、フロントが120/70ZR17、リアが180/60 ZR17で、ライダーのニーズに素早く対応し、卓越したコーナリング・フィールをもたらします。
    ドゥカティの卓越したブレーキシステムは、ストリートファイター V2にも受け継がれています。フロントには、ラジアルマウントされた(キャリパーおよびポンプ)ブレンボ製M4.32モノブロックキャリパーと320mm径のダブルディスクが装着されています。リア・システムもブレンボ製で、2つの対向ピストンを備えたキャリパーおよび245mm径ディスクから構成されています。ブレーキパッドは、公道走行を考慮して、パニガーレ V2よりもアグレッシブな特性を抑えたパッドを使用しています。
  • エレクトロニクス
    IMU慣性プラットフォームは、ストリートファイター V2のすべての電子制御システムを管理しています。6軸IMUは、すべての電子制御システムを管理し、空間内におけるモーターサイクルのポジションをリアルタイムで検知し、その情報をコントロール・ユニットに送信します。これらはすべて、最大限のパフォーマンスと安全性を確保することを目的としています。
    ストリートファイター V2のエレクトロニクス・パッケージには、以下が含まれています。
    ・コーナリングABS EVO
    ・ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)EVO 2
    ・ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)EVO
    ・ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウンEVO 2
    ・エンジン・ブレーキ・コントロール(EBC)EVO
    各コントロールの操作パラメーターは、デフォルトで3つのライディングモード(スポーツ、ロード、ウェット)に関連付けられています。パニガーレ V2と比較して内容が見直され、グリップの低い路面用のトラクション・コントロールとウィリー・コントロールの設定を備えたウェット・ライディングモードが導入されました。
    ライディングモードは、次の3つのパワーモードにも関連付けられています。それらは、フルパワーを発揮するハイ・モード、よりソフトなトルクカーブを実現するミディアム・モード、そして、パワーを制限するロー・モードです。
    さらに、スーパークアドロ・エンジンとしては初めて、ミディアム・パワーモードおよびロー・パワーモードの特定のギアにおける専用のトルクマッピングが導入され、ロードユースにおける、よりリニアなパワーデリバリーが実現しています。
ducati_streetfighter-v2_211113_02
ducati_streetfighter-v2_211113_03
ducati_streetfighter-v2_211113_04
ducati_streetfighter-v2_211113_05

5本スポークのホイールにピレリの新型ディアブロ・ロッソ・クワトロを装着

ducati_streetfighter-v2_211113_06

パニガーレ V2よりも広いシート幅と厚みを増したシートで快適さを向上。シート高は845mm

ducati_streetfighter-v2_211113_07

デイライトを標準装備したフロント周り。造形はジョーカーがモチーフとなっている

ducati_streetfighter-v2_211113_08

955ccのスーパークアドロエンジン。パニガーレ V2よりも最終減速比を低く設定し、トルクを路面に伝達しやすく、スロットルを開けたときのレスポンスも向上させた

ducati_streetfighter-v2_211113_09

アップライトで快適ななポジションを実現するアルミニウムハンドルバー

ducati_streetfighter-v2_211113_10

街中にも溶け込むデザイン

ducati_streetfighter-v2_211113_11
ducati_streetfighter-v2_211113_12
ducati_streetfighter-v2_211113_13

筋骨隆々なイメージを連想させるためか、トレーニングをする人が写るオフィシャル写真も……

ducati_streetfighter-v2_211113_14

街中だけでなく、サーキットでも存分に楽しむことのできるパフォーマンスバイクに仕上がる

ducati_streetfighter-v2_211113_15
ducati_streetfighter-v2_211113_16

SPEC

Specifications
DUCATI STREETFIGHTER V2
エンジン
水冷4ストロークDOHCデスモドロミック4バルブ90°V型2気筒
総排気量
955cc
ボア×ストローク
100×60.8mm
圧縮比
12.5対1
最高出力
112.3kW(153ps)/10,750rpm
最大トルク
101.4Nm(10.3kgm)/9,000rpm
変速機
6速
フレーム
アルミニウムモノコック
車両重量
200kg
キャスター/トレール
24°/94mm
サスペンション
F=テレスコピックφ43mm倒立
R=片持ちスイングアーム+モノショック
ブレーキ
F=φ320mmダブル R=φ245mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=180/60ZR17
軸間距離
1,465mm
シート高
845mm
燃料タンク容量
17L
価格
199万9,000円

関連記事