z900rs_rh008_babyface_211201_main.jpg
カスタム&パーツ
KAWASAKI Z900RS/CAFE
BabyFace

【ベビーフェイス×Z900RS/CAFE】ステップキットをはじめとした機能パーツでZ900RSを手軽にカスタムの幅を広げる

機能性もルックスの変化も楽しめる

各パーツを一般道から全日本やAMAなどのレースシーンまで、様々な使用環境でテストし、製品にフィードバックさせているベビーフェイス。カワサキのZ900RS用には、ベビーフェイスの人気アイテムであるステップキットをはじめ、各種ドレスアップを目的としたパーツまで多種多様なカスタムパーツが用意される。

確かな性能と実績は、初めて愛車をカスタムするというオーナーにもおすすめだ。

※プライス表記はすべて税込み価格(2021年11月現在)

z900rs_rh008_babyface_211201_01

パフォーマンスステップキットをはじめとする各パーツがカワサキのライムグリーンとよくマッチする

z900rs_rh008_babyface_211201_02

パフォーマンスステップキット
6万2,150円

ブラック、ゴールド、シルバーの3色をラインナップ。4つのポジション設定が可能で、自分の好みに合わせて調節できる。また、両側共にペダル部分には2つのベアリングを組み込み、スムーズな操作感を実現している

z900rs_rh008_babyface_211201_03

シフトスピンドルホルダー チェーンガードプラス
3万1,900円

ブラック、ゴールド、シルバーの3色をラインナップ。純正のフロントスプロケットカバーからルックスや整備性を向上させる

z900rs_rh008_babyface_211201_04

フレームスライダーF・ダイレクトマウント(写真左)
フレームスライダーC・ダイレクトマウント(写真右)
各1万2,100円

シリンダーヘッド前方エンジンマウントに取付けるフレームスライダーF・ダイレクトマウント(左)とエンジン中央に近いシリンダー後方エンジンマウントに取付けるフレームスライダーC・ダイレクトマウント(右)。転倒時に車体を滑らせることでエンジン本体へのダメージを軽減させる

z900rs_rh008_babyface_211201_05

エンジンスライダー
1万9,250円

「万が一の転倒でもダメージを最小限にとどめ、そのまま戦列に復帰したい」そんな耐久レースを戦う上で必然的な要求を満たすべく生まれたパーツであるエンジンスライダー。転倒時の衝撃を車体を滑らせることでやわらげ、ダメージを最小限にするという基本的な考えを守るためにスライダー部分は摩擦係数の低い素材を使用する

z900rs_rh008_babyface_211201_06

アクスルプロテクター・フロント
6,600円

転倒時にダメージの多い、アクスルシャフト両端に取り付けるプロテクター。アクスルシャフト周辺の破損を最小限に抑えることができる

z900rs_rh008_babyface_211201_07

アクスルカップ・フロント
7,700円

ゴールド、レッド、ブルー、グリーンの4色をラインナップ。スライダーの役割も果たすが、複数色をラインナップすることでオーナーの趣味に合わせたドレスアップパーツとしても最適

z900rs_rh008_babyface_211201_08

タンデムブラケット
3万2,450円

タンデムステップのブラケットを取り外し、レーシングフックとしてアンカーポイントになる。ゴールドとブラックのラインナップ。トランスポーターで車両を運搬し、サーキット走行などを楽しむオーナーにおすすめだ

z900rs_rh008_babyface_211201_09

リンクプレート
1万4,300円

スタンダードと同位置のため、車高は変化しないが、ゴールドとシルバーの2色でそのドレスアップ効果は抜群

magazine_008_z1

雑誌RIDE HI NO.8

RIDE HI NO.8では、2022年に50周年を迎える『KAWASAKI Z1』に試乗!

ベビーフェイス
アルミニウム合金やステンレス合金などから削り出されたステップキットなどのバイクパーツを数多く製造販売。一般道からレースまで、多くの場所でテストされたパーツは、その整備性の良さも高い評価を受ける。また、自社のレーシングチーム「ベビーフェイスレーシング」は、全日本ロードレースJSB1000クラスに出場している(2021年)

babyface_logo
協力/ ベビーフェイス
この関連記事が読めるのは

RIDE HI No.8
2021年12月01日発売 / 1,100円(税込)

『バイクの趣味性ってなんだろう?』

『バイクの趣味性ってなんだろう?』

RIDE HI No.8(2022年1月号)
RIDE HI No.8(2022年1月号)