michelin_powergp_201029_main.jpg
ピックアップ

岡田忠之×原田哲也のミシュランタイヤテストVol.2_MICHELIN POWER GP

公道からサーキットまでバランスよくこなす

michelin_powergp_201029_01.jpg

公道での一般的な使用とサーキットでのスポーツ走行。その両方を高い次元で満足させてくれるのが、パワーGPの魅力だ。
「フロントとリヤのバランスがとても良くなりましたね」と言うのは原田さん。もともとリヤタイヤの出来の良さに定評のあるミシュランだが、パワーGPだけでなくパワーカップ2とパワーGPも前後バランスの調整に注力。より安心して走れるスポーツタイヤに仕上がっている。

フルバンクでも高い接地感、攻める気にさせてくれる

michelin_powergp_201029_02.jpg

「公道メインなら、僕はパワー5を選びます。しなやかな特性だから路面のギャップも適度にいなしてくれて、手首への振動が少ない。疲れにくいタイヤなんです。
サーキット走行の割合が多いようなら、迷わずパワーGPですね。フルバンクをめざしてもうひと寝かせしても、高い接地感が得られるんです。フィーリングも良好ですし、ハンドリングは非常にニュートラル。安心して気持ちよく攻められます。パワー5で自走でのサーキット走行に目覚めた方が、もう少しペースアップしてラップタイムを詰めてみたくなった時には、このパワーGPを選んでおけば間違いありません」

思うがままにコントロールできて路面からの情報量も豊富

michelin_powergp_201029_03.jpg

岡田さんは、サーキットで見せたパワーGPのハイパフォーマンスぶりに目を見張る。
「まず素晴らしいのは、温まりの早さ。ペースを徐々に上げて荷重がかかるとタイヤが適度に動いててくれるから、すぐ熱が入ります。もうひとつ優れている点は、コントロール性の高さですね。ブレーキングでタイヤをつぶす加減や、コーナー出口で滑らせる加減を思うままにコントロールできます。 いつ、どこを走っていても路面からのインフォメーションがたっぷりと得られるタイヤ。それがパワーGPだと思います」

まさに公道からサーキットまで、幅広いステージでバランスよく楽しめるタイヤに仕上がっている。

MICHELIN POWER GP
120/70 ZR17(58W)
180/55 ZR17(73W)
190/50 ZR17(73W)
190/55 ZR17(75W)

michelin_powergp_201029_04.jpg
協力/ 日本ミシュラン