suzuki_katana_220202_main.jpg
ピックアップ

KATANAの刀狩り? 低いハンドルは目をつけられた!

デザインもライポジも台無しの「耕運機ハンドル」

1980年にドイツで開催されたケルンショーに、既存のデザイン概念を完全に突き崩す1台のプロトタイプが登場した。ドイツの鬼才ハンス・ムート氏が手掛けたスズキの「KATANA」だ。研ぎ澄ました日本刀をイメージさせるそのスタイルは、ケルンショー会場でのアンケートで「大好き」と「大嫌い」の真っ二つに分かれたという。その反応に確信を得たスズキは、できる限りこのままの形で市販に移すという考えの元、翌1981年に販売を開始したのがGSX1100S KATANAだ。

しかし当時は排気量の自主規制により、GSX1100S KATANAは輸出専用モデル。そこで当然ながら熱望されたのが国内版の750ccのKATANAだ。そんなファンの声に応えるべく、スズキは翌1982年にGSX750Sの販売を開始した。……が、世のライダーはその「ハンドル」に驚愕し、落胆した……。

KATANAと言えば、その斬新なスタイルだけでなく、当時の大排気量車市販車では珍しい低く垂れ下がったセパレートハンドルも大きな特徴(同様のハンドルはドゥカティの900SSやMHR900くらいだった)。ところがGSX750Sは、形状こそパイプハンドルではなく左右のフロントフォークにマウントしたクリップオンだが、グリップ部が驚くほどライダー側に伸ばされたアップライトなモノだった。あまりの形状に「耕運機ハンドル」と揶揄する声が上がったほどだった。

じつは当時の車両保安基準で定められた乗車ポジション(主にハンドル、シート、ステップの位置関係)に対し、GSX1100S KATANAのキツい前傾ポジションは適合しないため国内モデルとして型式認定が取れなかったのだ。そこで認可を得るための苦肉の策が、シートやステップ位置を変更するよりは容易なハンドル位置の大変更ということなのである。

ちなみにこの時点ではカウリング(スクリーン)も認可されなかったため、GSX750Sは非装備(82年後半に認可されたため、後期モデルおよび83年モデルは装備する)。だから特徴的なフロントカウルも、名目上「ヘッドライトケース」と呼ばれた。

ハンドルは大不評だがKATANAには乗りたい、とはいえ輸出モデルの1100は高根の花(GSX750Sの59万8000円に対し、1100はおおむね2倍以上のプライスが付いていた)。そこで国内モデルを手に入れたユーザーは、こぞって1100の低いハンドルに交換した。……が、もちろんコレは違法改造なので、整備不良で検挙された。これこそがバイク界でいうところの『刀狩り』だ。取り締まりを行う警察官のすべてがバイクの種類や形状に詳しいワケではないだろうが、KATANAのスタイルは一目瞭然。とりあえず停止させて排気量を確認し、それが750で低いハンドルが付いていればアウトだから、捕まえる側としても非常に解りやすい。

しかし80年代半ばにはレーサーレプリカブームが巻き起こり、各種規制も徐々に緩和され、フルカウルやセパレートハンドルも当たり前の装備となりはじめた。またKATANAも1100の逆輸入車が徐々にメジャー化し、94年にはGSX1100S KATANAの国内販売も開始されたため、さほど時を経ずに「ナナハンの刀狩り」は過去の話となっていった。ちなみにスズキはGSX1100S KATANAをモチーフとしたGSX250S KATANAを1991年に、GSX400S KATANAを1992年に発売したが、どちらも見事な再現度でハンドルも耕運機ではなく「低いセパハン」を装備。わずか10年でも時代の流れを感じさせる変わりようだった。

suzuki_katana_220202_01

1981 SUZUKI GSX1100S KATANA

GSX1100Eの空冷DOHC4気筒1,074ccをベースにチューンナップしたエンジンを搭載し、最高出力111馬力を発揮して最高速は235km/hをマーク

suzuki_katana_220202_02

1982 SUZUKI GSX750S

1100の翌年に国内モデルとして登場。1100との外観的な相違点は大アップハンドルが装備され、スクリーンとカウル下の黒い樹脂製のスポイラーが非装備な点だが、エンジン(GSX750Eベース)はもちろん、フレームなどの細部も異なる。また1100ではサイドカバーに貼られる「刀」のステッカーは、凶器を連想させるという理由から装着されず(ステッカーは書類に同梱され、オーナー自身が貼る形態をとった)、じつは正式な車名にもKATANAの文字が入っていない。82年11月以降のモデルにはスクリーンが装備された

suzuki_katana_220202_03

1984 SUZUKI GSX750S KATANA

1100は2000年の最終モデルまで初期デザインを踏襲したが、750は84年モデルでフルチェンジ。GXS750E(83年型)をベースに、新型エンジンや各断面のフレーム、リヤにリンク式のモノサスペンションを装備。社内デザインにより、二輪車初のリトラクタブルヘッドライトを採用。このモデルで正式に車名にKATANAの文字が入った。相応に低いセパレートルを装備するが、従来からの車両保安基準の乗車ポジション(ハンドル、シート、ステップが作る三角形)に収まっているという。これは車体全体をコンパクト化したことで達成できたと思われる

suzuki_katana_220202_04

1991 GSX250S KATANA

suzuki_katana_220202_05

1992 GSX400S KATANA