What's New

【1月17日、購入権申込受付開始!】【ビモータ KB4 437万8,000円!】カワサキがビモータの取り扱いを開始。商談は抽選、日本限定200台。

  • Photos:ビモータ
bimota_kb4_kb4rc_211215_main.jpg

【2022年1月17日更新!】購入権申込受付を開始

カワサキは、BimotaのNEWモデル「KB4」の購入権申込受付を1月17日(月)16時から開始した。

KB4は初期入荷台数に限りがあるため、購入権は抽選となっている。また順次入荷する車両をスムーズに納車するため、入荷予定に合わせて複数回抽選を実施するとのこと。

受付期間
第一期受付期間:2022年1月17日(月)16時~1月31日(月)
※第二期以降の受付期間は決定次第WEBページにて案内があるとのこと。

詳しくはこちら「Bimota KB4 申込受付サイト」をチェック!

以下、12月20日時点での情報。

カワサキがビモータ取り扱いに関する発表会を、カワサキプラザ東京等々力で開催した。
店内には先日のEICMAで発表されたばかりのKB4が鎮座。
実物は写真で見るよりもシャープでスタイリッシュ。そしてビモータらしい仕上げの美しいバイクだった。
今回の発表は、今後ビモータは日本全国50店舗のカワサキディーラーとモトコルセで購入できることとなったという内容。ちなみに、カワサキ × ビモータ初のモデルであるTESI H2の取り扱いは、これまで通りモトコルセとなる。

bimota_kb4_kb4rc_211215_02

カワサキモータースジャパンの社長・桐野英子さんがアンベールを行った

bimota_kb4_kb4rc_211215_01

イタリアのビモータCOOである、ピエルルイジ・マルコーニさんもオンラインで参加
「600ccクラスの車格で1,000ccのパワフルなエンジンを搭載したかった。そのために、ラジエターを後ろに持ってきたのです。KB1からKB3までのデザインにインスパイアは受けているが、イノベーションを取り入れ、デザインが先行したものは作らない。という、ビモータのコンセプトがあります。」

今回、日本で販売されるビモータKB4はNinja1000SXよりも43kg軽量

KB4は、Vintage Inspiredのコンセプトで誕生し、1970年代の象徴的なビモータならではのクラシックスタイルと、ビモータが考える現代的なバイクを高い次元で融合させている。

オリジナルシャシーにNinja 1000SXのエンジンを搭載。エンジン前部にフロントフレームを持ち、エンジンをフレームの一部として考えるビモータならではの独自設計。特徴的なサイドビューは、テールカウルに収めたラジエターに空気を導くための流路を確保するためだ。

日本上陸は2022年3月頃。楽しみに待ちたい!

初期販売台数に限りがあるため、本モデルの商談権は抽選。申込方法や受付開始日等の詳細は、後日HPにて告知されるそうだ。
https://www.kawasaki-motors.com/mc/bimota/

bimota_kb4_kb4rc_211129_04

Bimota KB4 | Official video |

bimota_kb4_kb4rc_211129_08

テールカウルにラジエターを内蔵

KB4の目玉のひとつが“ハイプレッシャー・クーリング・システム”と呼ぶ、ラジエターの配置。デザインの特徴でもある車体側面の導風路から、テールカウル内に備えたラジエターに空気を送り、電動ファンで吸い出す冷却システム。ラジエターを一般的なエンジン前から移設したのは、ホイールベースを短縮して車体をコンパクトにすることでコントロール性を高めるのが目的という

bimota_kb4_kb4rc_211129_09
bimota_kb4_kb4rc_211129_10

スイングアームにサスペンション機能を集約

リヤサスペンションはスイングアームにショックユニットとリンク機構を集約。エンジン後部に配置したアルミ削り出しのプレートにスイングアームピボットを設け、サスペンションのリンクアームを繋ぐことで、大きなフレームを持たない車体レイアウトに対応、リヤショックはオーリンズのTTX36を装備。スイングアームはアルミ塊から削り出した3分割構造で、TESI H2では3ピースを接着剤で接合していたが、KB4は溶接組み立てとなる

bimota_kb4_kb4rc_211129_11
bimota_kb4_kb4rc_211129_12

フロントはコンベンショナルな倒立フォーク

フロントフォークはオーリンズのφ43mm倒立フォークを装備。ブレーキはブレンボのラジアルモノブロックStylemaとφ320mmディスクを装備。フロントフォークを支えるトリプルツリーとトップブリッジは、ビモータならではのアルミ削り出し。メインキーはカワサキの純正パーツだろう

bimota_kb4_kb4rc_211129_13

大型液晶パネルの現代的なコクピット

メーターはNinja 1000SXと同じ4.3インチフルデジタルTFTカラー液晶。表示もNinja 1000SXに準ずると思われるが、キーONの起動時はbimotaのロゴが表示されるようだ(YouTubeのビモータ公式チャンネルのKB4 RCオフィシャルビデオで確認)。左右のハンドルスイッチや燃料キャップはカワサキ純正パーツ

bimota_kb4_kb4rc_211129_14

アルミ削り出しのステップはポジション可変

スイングアームピボットを外側から挟む形状のステッププレートに設けた偏芯アジャスターを回すことで、ステップの位置を変えられる。ドライブスプロケットカバーはビモータのロゴが入ったカーボン製

bimota_kb4_kb4rc_211129_15

丁寧に縫製された本革シート

シートは薄手だが、一般的なスーパースポーツとは異なる美しいステッチが施される。ストッパーにはロゴが型押しされる

bimota_kb4_kb4rc_211129_16

マフラーはカワサキ純正

エキゾーストパイプから集合部やチャンバーを含め、エキゾーストはNinja 1000SXの純正。サイレンサーもエンドキャップとヒートガードはビモータオリジナルのカーボン製だが、本体は純正品

RC(レースカフェ)の名を持つネイキッドは、コンセプトモデル

bimota_kb4_kb4rc_211129_17

Bimota KB4 RC | Official video |

EICMAで発表されるまで、その存在を完全に隠していたKB4 RC。桐野社長も直前までその存在を知らなかったという。
KB4 RCのKB4とは異なるスタイルとディティールを見てみよう!

bimota_kb4_kb4rc_211129_18
bimota_kb4_kb4rc_211129_19
bimota_kb4_kb4rc_211129_20
bimota_kb4_kb4rc_211129_21

フロントのシュラウドからテールに繋がる流路がより強調されているため、既存のカウルレス車とは一線を画したスタイル。テールランプやフェンダーがスイングアームマウントの低い位置にあるため、テールカウル内のラジエターの存在感が増す独特なリヤビューも魅力的

bimota_kb4_kb4rc_211129_22

ネオレトロ顔のネイキッドは電子制御式サスペンションを装備!

丸型のLEDヘッドライトはKB4と共通だが、こちらはメッキのリムもZ900RSやW800用と思われる。ライトケースとデジタルメーターのケースを支えるアルミ削り出しのステーがモダンな形状。フロントフォーク(マルゾッキ製)のトップキャップから伸びるハーネスから、電子制御サスペンション装備と推測。よく見るとセパレートハンドルのクランプ部の形状がKB4と異なるので、ポジションも違うのか? またKB4では装備されているステアリングダンパーも未装着。燃料タンク前部のエアボックスカバー(?)の形状も、KB4と若干異なる

bimota_kb4_kb4rc_211129_23

カスタムライクな2本出しのメガホン

エキゾーストはエキパイからすべてブラックだが、形状的にはチャンバーまでNinja 1000SXの純正と思われる。ビモータのロゴが入る2本出しのサイレンサーはARROW製。果たして純正装備かオプションか? リヤショックはマルゾッキ製

bimota_kb4_kb4rc_211129_24

リヤセクションもオリジナル

KB4と異なりテールランプやナンバー、リヤフェンダーがスイングアームにマウントされるタイプのため、ラジエターファンを保持するテールライト下面のパーツの形状が異なる。KB4はカーボン製だが、このRCはアルミ製か?

bimota_kb4_kb4rc_211129_25

ストッパーも異なる

テールカウルの形状がKB4と微妙に異なり、シートストッパーはRCには小振りなタイプが装備される

SPEC

Specifications
Bimota KB4
エンジン
DOHC4バルブ水冷4ストローク並列4気筒
総排気量
1,043cc
ボア×ストローク
77×56mm
圧縮比
11.8対1
最高出力
104.5 kW (142HP)/10,000 rpm
最大トルク
111Nm(11.3 kgf-m)/8,000 rpm
変速機
6速
フレーム
高張力鋼トレリス・フロントフレーム+アルミ削り出しピボットプレート
車両重量
194kg
キャスター/トレール
24°/100.8 mm
タイヤサイズ
F=120/70 ZR17 R=190/50 ZR17
全長/全幅/全高
2,210/765/1,165
軸間距離
1,390mm
シート高
810mm(±8mm)
燃料タンク容量
19L
価格
437万8,000円