attachmentfile-file-2469.jpg
このバイクに注目
Ducati
MONSTER / MONSTER+
2021model

29年目のモンスター。937cc、111ps、166kg! パイプフレームを脱ぎ去り、軽さと楽しさを徹底追求!

New Ducati Monster | Just Fun

マシンを操るのは、2021年、ARUBA.IT RacingからWSBKに参戦するマイケル・リナルディ

1993年の初代モンスターから続く、コンセプトとデザインを継承

ducati_monster_201216_01.jpg

モンスターからパイプフレームが消えた……。パイプフレームの代わりに得たものは軽さで、乾燥重量は166kg、車両重量は188 kgに止まる。もちろんフレームだけの重量軽減ではないが、Newモンスターは各部を刷新することで、従来モデルのモンスター821比で18kgも軽い。

排気量が半分以下のホンダCB400SFの車両重量が201kgであることを考えると、この数値はかなりのインパクトである。

デザインはシャープな印象が強まり、Lツインエンジンをより強調。シンプルでクリーンなボディラインを目指し、技術的にも不要な部品や虚飾は一切ない。これらは1993年の初代から忠実に守られ続けているコンセプトだ。
エンジン、シート、燃料タンク、ハンドルバーと走るために必要な部品がエンジンにマウントされている印象。そして車名もシンプルに「モンスター」。ただそれだけだ。

パニガーレV4譲りのアルミフロントフレームを採用

ducati_monster_201216_02.jpg

NewモンスターはパニガーレV4にインスパイアされたアルミ製のフロントフレームを導入し、新しい時代に突入する。

Newモンスターのシャシーの主役はエンジンで、シリンダーヘッドにフロントフレームを直接マウント。これはパニガーレシリーズと同様の手法だ。
両持ちのスイングアームはアルミ製、リヤサブフレームはGFRP(ガラス繊維強化ポリマー)を用い、強度と軽量さを両立している。

29年前から、モンスターを印象付けていたトレリスフレームを封印したことに賛否はあるだろう。しかしそれは初代モンスターが登場した時のように新しいドゥカティの価値観を生み出していくはずだ。

すべてのシチュエーションで軽さと細さが効く!

ducati_monster_201216_03.jpg

上から見下ろすと美しくまとめられたラインがよくわかる。スリムなシート前部や筋肉質に見えるタンク、ボリューム感のあるサイドパネルなどが特徴だ

コンパクトでシンプルなモンスターは、足着き性も良い。シート高は820mm、ローシート装着で800mm、そして、専用のショートスプリングキットを組み込むことで775mmまで低くすることができる。
また、先端が狭いシートの形状も、足着き性の向上に貢献している。

車重は、エンジンで−2.4kg、フロントフレームで−4.5kg、ホイールで−1.7kg、スイングアームで−1.6kg、リヤフレームで−1.9kgなど、あらゆる部分で軽量化されており、乾燥重量はわずか166kg。これは同クラスのバイクと比べてもかなり軽量だ。

軽い! これだけで乗りたい気持ちが強くなる。

普段の走行を楽しくさせるエンジン特性

Newモンスターには937cc L型2 気筒デスモドロミック・テスタストレッタ11°エンジンが搭載されている。
ユーロ5に適合し、最高出力111ps @9,250rpm、最大トルク9.5kgm @6,500rpmを発揮。
従来の821と比較すると馬力は2ps 、トルクは0.7kg-mアップし、1,250rpm低い回転数からその性能を発揮する。

これは、公道走行でもっとも頻繁に使われる低中回転域でのトルク感を向上させ、普段の街乗りから楽しませてくれるエンジン特性となっている。

ducati_monster_201216_04.jpg

他にも、最新の電子制御システムやバランスの良いサスペンション、ドゥカティのエンジニアとブレンボが密接に協力して開発したブレーキ、3つのライディングモードなど、ライディングを楽しむための装備が充実している。

ducati_monster_201216_05.jpg
ducati_monster_201216_06.jpg
ducati_monster_201216_07.jpg

乗りやすさと楽しさを追求したモンスターは、一見エントリーモデルの雰囲気ではあるが、動画ではサーキットを攻めるアグレッシブなシーンも頻繁に登場。軽さはすべてのシーン、すべてのキャリアのライダーに恩恵があるということだろう。

日本導入が待ち遠しい1台。早く試乗してみたい。

SPEC

Specifications
Ducati Monster
エンジン
デスモドロミック・テスタストレッタ11°水冷4ストロークDOHC4バルブV型2気筒
総排気量
937cc
ボア×ストローク
94×67.5mm
圧縮比
13.3対1
最高出力
111hp(82kw)/9,250rpm
最大トルク
93Nm(9.5kgm)/6,500rpm
変速機
6速
フレーム
アルミニウム
乾燥重量/装備重量
166kg/188kg
キャスター/トレール
24°/93mm
サスペンション
F=テレスコピックφ43mm倒立
R=スイングアーム+モノショック
ブレーキ
F=φ320mmダブル R=φ245mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=180/55ZR17
軸間距離
1474mm
シート高
820mm
燃料タンク容量
14L
価格
144万5,000円~

関連記事