custom_magicalracing_201012_main.jpg
カスタム&パーツ
SUZUKI KATANA
MAGICAL RACING
2019-

初代KATANAをリスペクトしつつ新しいスタイルにチャレンジ

新型KATANAをマジカル流に! 往年のロングテールを再現

custom_magicalracing_201012_00.jpg

カタナをよりカタナらしく

1981年に発売され、それまでのバイクと隔絶したスタイルに世界中のバイクファンが湧きたったスズキGSX1100S KATANA。そのレジェンドバイクをメーカー自身がオマージュし、現代的にアップデートして2019年に登場したのがKATANAだ。

そんなKATANA用のパーツを、マジカルレーシングが製作。往年のGSX1100S KATANAを彷彿させるシートが目に飛び込んでくる。「フロントのハーフカウル周りは、初代KATANAのイメージを持たせて凄く上手くまとまっているので、リヤ周りをフロントからの流れるラインで手を入れたかった」と同社代表の蛭田さん。

最初はテールカウルのみの造形でチャレンジしたが、最終的に導き出したのが、このシングルシートというアイデア。初代をイメージさせつつ、シートカウルの長さや後輪とのクリアランスなど、何度も元型を作り直して完成させた。バイザースクリーンやフロントフェンダーも初代を彷彿させるが、サイズや機能面も考慮し、新型KATANAに合わせて新規造形している。カーボンの質感がスポーティな印象を強めてくるのも特徴。

KATANAをよりカタナらしくしてくれるアイテムが揃う。

※プライス表記はすべて税込み価格です

custom_magicalracing_201012_01.jpg

バイザースクリーン
3万800円~
NK-1ミラー(タイプ5ヘッド・スーパーロングステム)
4万4000円~

バイザースクリーンは新規製作したカーボン製のベースに、初代KATANAをイメージさせるスクリーンをセット。スクリーンはクリア、スモーク、スーパーコートを用意。同社の人気製品であるNK-1ミラーは、写真のタイプ5ヘッドの他にも5種のボディ(鏡体)をラインナップし、ステムの長さも選べる

custom_magicalracing_201012_02.jpg

タンクエンド
9680円~

ガソリンタンクの後端を、ウエアのファスナー等の擦れから守り、デザイン上のアクセントにもなる

custom_magicalracing_201012_03.jpg

シングルシートキット
近日発売予定

初代KATANAを彷彿させるデザインと長さのシングルシート。2トーンのシート表皮も凝った意匠だ。パッセンジャーシートをイメージさせるシートカウル部には小物入れを装備。フェンダーレスキットやテールランプも同梱する

custom_magicalracing_201012_04.jpg

フロントフェンダー
3万1900円~

半月型のフロントフェンダーも初代KATANAのオマージュだが、まったくの新規造形でSTDより深さのある形状

custom_magicalracing_201012_05.jpg

リヤフェンダー
3万4100円~
チェーンガード
1万3200円~

リヤフェンダーはSTDより幅と長さを増して泥ハネの抑止効果を向上(フェンダーレスキットもしくはシングルシートキットとの同時装着が必要)。カーボン製のチェーンケースを併用すれば、デザイン性と質感を統一できる

custom_magicalracing_201012_06.jpg

アンダーカウル
4万9500円~

サーキット走行やレース参戦も可能なオイルキャッチ構造のアンダーカウルは、ノーマルマフラーにも装着可能。ネイキッド車のスタイルを硬派に引き締める

custom_magicalracing_201012_07.jpg

BSTカーボンホイール「ラピッドテック」
62万7000円

圧倒的な軽さと強度を兼ね備える、BST社のカーボンコンポジットホイールの最新モデル。スプリット5スポークが未来的デザインのKATANAに良く似合う

マジカルレーシング
FRP製のレーシングカウルをはじめ、カーボン製のエクステリアなど、日本を代表するボディワークのブランド。ウエットカーボンならではの細やかな造形と、強度と軽さを両立し、美しい仕上げとリーズナブルな価格も魅力。超軽量カーボンホイール「BST」のオフィシャルサプライヤーを務め、グループにはサスペンションチューニングショップ「44ハイネス」も所属。バイクパーツ以外では宅配用のデリボックスやパラリンピック選手用の機材も製作する

custom_magicalracing_201001_11.jpg
協力/ マジカルレーシング