magazine_201201_main.jpg
ピックアップ

【RIDE HI No.2は12月1日発売!】巻頭特集は「官能バイク=トラッドスポーツ」。奇才マッシモ・タンブリーニも登場

RIDE HI No.2では、いま旬の傑作バイクからライテクまで、気になるバイク情報をご紹介!

magazine_201201_07.jpg
magazine_201201_08.jpg

トラッドスポーツ。それはRIDE HIがつくり出した新たなバイクカテゴリー。排気量やエンジン形式に捉われず、メーカーが凝ってつくったまさしく“いま、旬のバイク”たちのことです。

古くはカワサキのゼファーがネイキッドという言葉を生み出し、スペックに左右されないバイクとして大ブレイク。いま、各メーカーは、大排気量、大パワーには目もくれず、様々な形式、排気量のエンジンを開発し1人1人の欲しい、に応えるバイクに力を入れています。
そんなトラッドスポーツの中に、気になる存在があるライダーは多いはず。そこには乗った瞬間にわかりやすい、ニコニコできる世界があります。

この特集では、ドゥカティ・ストリートファイターV4S 、インディアン・FTR1200S、トライアンフ・スピードツイン&トライデント 、ハスクバーナ・ヴィットピレン701、ロイヤルエンフィールド・INT650などが登場。

マニアックなトラッドスポーツ乗りこなし解説「トラッドスポーツはお尻で乗る!」もあります。

ビモータ創立メンバー、916、F4をつくった男/マッシモ・タンブリーニ

magazine_201201_02.jpg

ドゥカティの916、MVアグスタのF4など、まさにその時代のトレンドを引っ張ってきたマッシモ・タンブリーニ。そんなタンブリーニのバイクにかける情熱を当時から交流のあったネモケンが書き下ろしました。
タンブリーニがバイクで転倒して入院していた、病院のベッドで決まったモーターサイクル・クリエイターへの道とは?

CBR600RRは原田哲也さんがテスト!日本導入が決まったビモータのテージH2も紹介

magazine_201201_03.jpg
magazine_201201_04.jpg

復活したミドルスーパースポーツ、ホンダCBR600RRは元世界GPチャンピオンの原田哲也さんがテスト。
866万8,000円というインパクトのある価格が話題を読んだ、ビモータのテージH2も紹介しています。

YouTube連動企画「RIDE LECTURE」スタート!

magazine_201201_05.jpg

バイクを乗る上で忘れがちな立ちゴケや発進のコツ。実はコレは慣れでは解決できないので、予防策と操作のノウハウをご紹介!
もっとバイクを楽しく乗るためにも、このタイミングでぜひ解決しておきましょう!

YouTube『RIDE HI』:https://www.youtube.com/c/RIDEHI/


その他のコンテンツはコチラ

RIDE HI No.2(2021年1月号)

判型 A4変形(220mm×297mm)
144ページ オールカラー
定価1,100円(本体価格1,000円)
全国の書店、Amazonで発売中

magazine_201201_06.jpg
この関連記事が読めるのは

RIDE HI No.2
2020年12月01日発売 / 1,100円(税込)

「官能バイク=トラッドスポーツ」名車に出会った人生とそれ以外

「官能バイク=トラッドスポーツ」名車に出会った人生とそれ以外

RIDE HI No.2(2021年1月号)
RIDE HI No.2(2021年1月号)