mvagusta_brutale-rr-scs_210713_main.jpg
このバイクに注目
MV AGUSTA
BRUTALE RR SCS
2021model

ブルターレ800史上、最大の進化【MVアグスタ ブルターレ RR SCS インプレ vol.1】

MVアグスタの人気モデル「ブルターレ800RR」の2021年モデルが登場した。クラッチ操作の煩わしさから解放してくれる新システムが採用された他、電子デバイスも装備も大幅に刷新。かつてないビッグマイナーチェンジによって生まれ変わった。

MVアグスタのスポーツネイキッド「ブルターレ800」の登場は、2013年のことだ。以来、RRやROSSO、RC、RR LH44、RR PIRELLI、RR AMERICAといった派生モデルが追加されながら現在に至る。シリーズの中核を成しているのが「RR」の名を持つモデルで、その2021年モデルが上陸。「ブルターレ800RR SCS」(以下、ブルターレ)としてデリバリーが始まっている。

SCSとはスマートクラッチシステムの略称だ。2020年モデルの「ツーリズモベローチェ」と「ドラッグスター」に投入された自動遠心クラッチの一種で、このほどブルターレにも組み込まれることになった。

このSCSのフィーリングに関しては、vol.2でお届けする予定だ。クラッチレバーの操作が不要になる機構ゆえ、生粋のスポーツ派は懐疑的な印象を抱くかもしれないが、それはまったくの誤解である。快適性とスポーツ性がミックスした新しい世界があることを先にお伝えしておく。

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_01
mvagusta_brutale-rr-scs_210713_02

3気筒エンジンの象徴にもなっている3本出しマフラー。スラッシュカットされたエンド部分がシャープなイメージに貢献している

エンジン内部もサスペンションも改良

さて、新型ブルターレで語られるべきトピックは、SCSのことだけではない。エンジンにも車体にも電子制御にも手が加えられ、ビッグマイナーチェンジと言えるほどの改良が多岐に渡って施されているからだ。

798ccの排気量を持つ水冷4ストロークDOHC3気筒エンジンの基本はそのままながら、タペットにはDLCコーティングを、バルブガイドには新素材を採用。これによってパーツの駆動フリクションの軽減が図られた他、インジェクターの設計が見直され、燃料の注入圧力が3.5barから4.0barに引き上げられている。

車体に関するアップデートは、スチールトレリスフレームスイングアームを締結するアルミのサイドプレートに見られる。外観の形状こそ従来モデルと同一ながら、ねじれ剛性と縦剛性が最適化され、よりしなやかなハンドリングに貢献。これに伴い、リヤサスペンションのスプリングはソフトになり、減衰力にはリセッティングが施されている。

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_03

サスペンションはフロントにマルゾッキのφ43mm倒立フォーク、リヤにザックスのモノショックを装備。いずれもプリロード、減衰力(リバウンド/コンプレッション)の調整が可能なフルアジャスタブルだ

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_04

上面が大きく張り出し、エッジの効いた燃料タンクは16.5リットルの容量を持つ

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_05

前後ホイールはアルミ鋳造。標準装着タイヤにはピレリのディアブロロッソIIIが組み合わせられている

所有欲を満たす上級モデル譲りのディスプレイ

新型ブルターレにまたがった時、従来モデルと比べて大きく異なるのがコックピット周りの景色だ。これまでは小型のモノクロディスプレイだったが、今回からスーパーベローチェで実績のある5.5インチのフルカラーTFTディスプレイを採用。視認性といった実利面のみならず、所有欲や質感という意味でもオーナーを満たしてくれるはずだ。このディスプレイには走行中に必要な情報が表示されるのはもちろん、スマートフォンを介して電子デバイスを設定したり、ナビ画面として機能させることもできる。

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_06

新たに採用された5.5インチのフルカラーTFTディスプレイによって、視認性と質感が大幅に向上している。スピードや回転数、電子デバイスの状態といった情報の他、フロントとリヤに掛かる加減速Gも視覚的に把握できるようになっている

mvagusta_brutale-rr-scs_210713_07

LED化されたヘッドライトはデザインも一新され、特徴的な楕円形状がより際立つ内部構造を持つ。また車体がバンクした時にイン側を照射するコーナリングライト機能を追加。安全性にも配慮されている

そして、目には見えないが電子制御も既存のものとは異なる。新たに搭載されたIMUにはイタリアのe-Novia社のものが採用され、トラクションコントロールABSと連動。スロットル開度やバンク角、車体姿勢に応じて最適な介入度がもたらされることになった。これによって従来モデルにはなかったFLC(フロントリフトコントロール)が機能するようになり、そのパワーをロスなく加速に生かせるよう、より緻密な制御を実現している。

これらの制御は基本的に3パターンのエンジンモード(RACE/SPORT/RAIN)毎に一括管理され、CUSTOMを選択すれば任意の値に設定することも可能だ。また、シフトアップとダウンに対応するクイックシフターは、よりスムーズなギヤチェンジをサポートする第3世代へと進化している。

これら大小様々な改良がもたらすパワーフィーリングやハンドリングは、vol.2の試乗記をお待ちいただきたい。

SPEC

Specifications
MV AGUSTA BRUTALE RR SCS
エンジン
水冷4ストロークDOHC4バルブ3気筒
総排気量
798cc
ボア×ストローク
79×54.3mm
圧縮比
13.3対1
最高出力
103kW 140hp/12,300rpm
最大トルク
87Nm 8.87kgm/10,250rpm
変速機
6速
フレーム
スチールトレリス
車両重量
175kg
サスペンション
F=テレスコピックφ43mm倒立
R=片持ちスイングアーム+モノショック
ブレーキ
F=φ320mmダブル R=φ220mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=180/55ZR17
全長/全幅
2,045/875mm
軸間距離
1,400mm
シート高
830mm
燃料タンク容量
16.5L
価格
253万円
ROSSOは198万円
協力/ MVアグスタジャパン