triumph_street-triple-rs_210226_main.jpg
このバイクに注目
TRIUMPH
STREET TRIPLE RS

Moto2クラスのベースエンジンを搭載! その特徴的なヘッドライトにも意味がある【トライアンフ ストリートトリプルRS】

ただ上品なだけじゃない、ポテンシャルを持ったバイク

トライアンフのストリートトリプルRSは、いわゆるストリートファイターのカテゴリに分類される。ストリートファイターといえば、フルカウルモデルのカウルを剥ぎ取った、じゃじゃ馬のように激しいバイクをイメージするだろう。

しかし、このストリートトリプルRSは、そのイメージを覆す上質さがある。

飛び出した2眼のヘッドライトは、ハンドルの切れ角を確保し、軽快で自然なハンドリングのための配置。サスペンションはただ“硬い”のではなく、動き出しは柔らかく速度や荷重がかかったときに必要な硬さを発揮するように設定されている。

triumph_street-triple-rs_210226_01.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_02.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_03.jpg

Moto2のベースエンジンである765ccエンジンは、扱いやすさ、速さ、気持ちよさを達成

ストリートトリプルRSに搭載されている765ccの3気筒エンジンは、制御マップによって、低い回転域からしっかりとトルクがあり乗りやすい。そして、乗りやすいからといって、ぬるいエンジンではないのが面白いところ。スロットルを捻れば、最高出力123ps/11,750rpmのスペックがしっかりと応えてくれる。

チューンナップされてMoto2クラスにも供給されているこのエンジンは、その片鱗を見ることも可能だ。

そして、クイックシフターもそのエンジンの良さを引き立てる。
まさにツーリングからサーキット走行まで楽しめるハイスペックな1台である。

triumph_street-triple-rs_210226_04.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_05.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_06.jpg

ビッグバイクに見劣りしない作り込み

ミドルクラスのバイクにありがちなのが、ビッグバイクに比べて見劣りするというところだ。しかし、このストリートトリプルRSは各部がしっかりと作り込まれており、安っぽさや見劣りする部分を感じさせない。

他にはない感性で仕上げられた、ブリティッシュトラッドスポーツの魅力を味わってみてはいかがだろう。

triumph_street-triple-rs_210226_07.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_08.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_09.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_10.jpg
triumph_street-triple-rs_210226_11.jpg

RIDE HI創刊号では原田哲也さんがインプレッション

The New Triumph Street Triple RS Review and Insights

SPEC

Specifications
TRIUMPH STREET TRIPLE RS
エンジン
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列3気筒
総排気量
765cc
ボア×ストローク
77.99×53.4mm
圧縮比
12.54対1
最高出力
91kW 123ps/11,750rpm
最大トルク
79Nm/9,350rpm
変速機
6速
フレーム
アルミニウムビームツインスパー
車両重量
188kg
キャスター/トレール
23.9°/100mm
サスペンション
F=テレスコピックφ41mm倒立
R=スイングアームモノショック
ブレーキ
F=φ310mmダブル R=φ220mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=180/55ZR17
全幅/全高
775/1,085mm
軸間距離
1,405mm
シート高
825mm
燃料タンク容量
17.4L
価格
146万5,000円
協力/ トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン
この関連記事が読めるのは

RIDE HI 創刊号
2020年10月01日発売 / 1,100円(税込)

『この刺激を味わうにはどんな作法が必要か』

『この刺激を味わうにはどんな作法が必要か』

RIDE HI 創刊号(2020年11月号)
RIDE HI 創刊号(2020年11月号)