ktm_890duker_210217_main.jpg
このバイクに注目
KTM
890DUKE R
2020model

ヒジ擦りをアピールするネイキッド!? 溢れ出るそのスポーツ性 “KTM 890DUKE R”

READY TO RACE……!

KTMといえば、思い浮かぶのがそのスローガン「READY TO RACE」。日本語にしてみれば「レースの準備万端!」「そのままでレースに出られる!」といったところだろうか。スポーツライディングを楽しむための乗り物として、KTMのすべてのバイクはこのコンセプトにのっとって製造販売されている。

そんなKTMが独特なデザインと揺るぎないコンセプトで作り出したミドルクラスのファンバイクが890DUKE Rだ。通常この手のネイキッドのイメージ写真は、市街地を走っていたり、ワインディングを走っていたりすることが多いが、890DUKE Rはサーキットでヒジを擦っている過激っぷりなのだ。

ktm_890duker_210217_01.jpg

クセになる軽量さとエンジンレスポンス

そのイメージ通り、890DUKE Rはスポーツ性に特化しており、例えるならアグレッシブなアスリート。
足周りには高い性能を持つブレンボ製のキャリパーやグループ企業のWP製サスペンションを使用している。

KTMのバイクにはじめて乗った人が驚くのがその軽量感。この890DUKERも乾燥重量166kgと他のミドルクラスバイクに比べてかなり軽く仕上がっている。そして、マスが集中しているため、重量以上に軽く感じる。重心が高いためバンクする時のスピードは速く、パタンと寝る。

このパラツインエンジンは、最高出力121hpとハイパワーではあるがストリート、スポーツ、トラックの3つのモードを選択することができ、ツーリングからサーキット走行までライダーに合わせたモードを選択することが可能だ。

ktm_890duker_210217_02.jpg
ktm_890duker_210217_03.jpg
ktm_890duker_210217_04.jpg

メーターは視認性の高いデジタル表示

ktm_890duker_210217_05.jpg

モードセレクトなどは左ハンドルに設置されたボタンで直感的に操作できる

オフロードだけでなく、MotoGPでも大活躍し、その技術がフィードバックされている

KTMはオフロードに強いメーカーというイメージがあるが、2020年シーズンのMotoGPクラスで初優勝を飾るなどロードレースシーンでもその技術力を高めている。そして、そこで得た技術を市販車にもしっかりと反映している。

このバイクに跨り、キーをオンにして、液晶に表示される「READY TO RACE」の文字に、テンションが上がるオーナーの様子が容易に想像できる。ネイキッドでもそのスローガンを存分に味わえる。890DUKE Rは、そんなアグレッシブなミドルスポーツバイクだ。

ktm_890duker_210217_06.jpg

近年のKTMロードモデルの多くは、センターで2つに分かれた特徴的なヘッドライトを装備する

ktm_890duker_210217_07.jpg

キーをオンにするとディスプレイに「READY TO RACE」の文字が表示される。KTMファンにはたまらない

ktm_890duker_210217_08.jpg

KTMといえばこのオレンジのカラーリング。そのデザインはスタイリッシュでマシンの性格をよく表している

ktm_890duker_210217_09.jpg

RIDE HI創刊号では原田哲也さんがインプレッション。市街地でも機敏な運動性の高さを高く評価している

THE 2020 KTM DUKE 890 R | KTM

SPEC

Specifications
KTM 890 DUKE R
エンジン
水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量
889cc
ボア×ストローク
90.7×68.8mm
圧縮比
13.5対1
最高出力
89kW 121hp/9250 rpm
最大トルク
99Nm /12,500rpm
変速機
6速
フレーム
クロモリスチール鋼管
乾燥重量
166g
キャスター/トレール
24.3°/99.7mm
サスペンション
F=テレスコピックφ43mm倒立
R=スイングアームモノショック
ブレーキ
F=φ320mmダブル R=φ240mm
タイヤサイズ
F=120/70ZR17 R=180/55ZR17
軸間距離
1482mm(±15mm)
シート高
840mm
燃料タンク容量
14L
価格
146万5,000円
協力/ KTM ジャパン
この関連記事が読めるのは

RIDE HI 創刊号
2020年10月01日発売 / 1,100円(税込)

『この刺激を味わうにはどんな作法が必要か』

『この刺激を味わうにはどんな作法が必要か』

RIDE HI 創刊号(2020年11月号)
RIDE HI 創刊号(2020年11月号)