img_article_detail_01

ビッグシングルの面白さはどこにある?【教えてネモケン048】

oshiete-nemoken_048_main.jpg

A.エンジン特性を上手に扱って走る楽しさがあります

スリムでスタイリッシュ、ドコドコ走れる独特の鼓動感……
ビッグシングルにはそんなイメージがありますが、いまだに所有したことがありません。
ヤマハSRやハスクバーナのヴィットピレン701もいよいよ生産終了となり、
いまがコンディションの良いビッグシングルを手に入れるチャンスでは? と思っています。
ビッグシングルの楽しさはどんなところにあるのでしょうか?
スポーティに走って楽しめるのでしょうか?

oshiete-nemoken_048_01

ハスクバーナのヴィットピレンやスパルトピレンの701は692.7ccの大排気量単気筒。ビッグシングルのネガだった高回転域の振動も少なく、高速道路の巡航もラクラクこなせる

oshiete-nemoken_048_02

エンジンはKTMベースだが、ハスクバーナのデザインは、北欧ならではのスタイリッシュさ。生産終了になったが、まだまだ程度の良い車両が入手できるので、欲しい方は急ぎたい

ビッグシングルは究極のマイノリティ?

ビッグシングル……ボクも実はこの他に例えようのない個性の塊のファンのひとり。旧くはノートンのマンクスやマチレスにBSAなどの英国車、’90年代以降のヤマハSRXやビモータBB1(BIMOTA×BMW)の魅力に夢中になっていました。最近ではハスクバーナのヴィットピレンにも乗り、とても感動しました。

でもビッグシングルはとてもマイノリティな趣味なのだと思います。これまでもロードスポーツは、ヤマハSRやSRX、ホンダはGB400、500などをラインナップしてきましたが、一瞬はブームになってもそれはなかなか長続きしません。近年、海外メーカーではKTMが力を入れ、傘下であるハスクバーナからもヴィットピレン701などが登場しました。しかし、規制の兼ね合いなどもあるのかもしれませんが、短命でしたね。

ご存知の通り、バイクのエンジンは、排気量が大きくなると2気筒とか多気筒化して高回転化することで出力を稼ぐのが常套手段です。しかしこの流れに逆らうかのように、単気筒というエンジンの機能ではもっともシンプルな構造のまま、大きなボア×ストロークで排気量を拡大し、シンプル・コンパクト・軽量などのメリットで対抗していく……いかにもマイノリティ好きなコンセプトがそこにはあります。

oshiete-nemoken_048_03

1978年から生産されてきたヤマハのSR400も生産終了に。写真のファイナルエディションは市場でもプレミア価格に。中古市場に玉数は豊富なはずだが、程度の良いものは今後少なくなっていくだろう

排気量を感じさせないコーナリング性能を約束

ビッグシングルは、エンジンの中で大きなピストンが往復しているので、高回転化には限度があり、これすなわち最高速度は稼げない。では何がメリットか。コンパクトなので軽量、極端にいえば250ccの車格と、それよりちょっとだけしか重くないスポーツバイクに乗れるワケで、これはコーナリングを同じ排気量の4気筒より速いスピードで駆け抜けることができるポテンシャルを意味します。もちろん、重く大きくないので扱いやすさは抜群です。

ところが、ビッグシングルのエンジン特性が、立ちはだかります。低い回転域から強大なトルクを発生するのが強みですが、中速域で最大となってから回転上昇してもトルクもパワーも増えません。一見コレが強みに聞こえますが、旋回中にトラクションでグイグイ曲がるにはパワーバンドが狭いのです。ビッグシングルではバンクしたまま矢継ぎ早にシフトアップして、中速域手前のトルクやパワーが上昇していく回転域で繋いでいかなければなりません。

また車重などによる慣性力の安定性に頼ることができず、それこそスロットル操作で後輪が路面を蹴って安定するトラクションでしか安定感を得られない……ファンにはこれがたまらないのです。

ヤマハSRやハスクバーナのヴィットピレン701は生産終了になってしまいましたが、ホンダのGB350やロイヤルエンフィールドのメテオ350なども登場し、シングルスポーツが注目を浴びているのは事実。

高齢になるとビッグバイクの車重や大きさはいつか負担になります。そうしたファンに向け、趣味性の高さと共にビッグシングルがもてはやされる時代がやってくるかもしれません……これはあまりに夢物語ですかネ。

oshiete-nemoken_048_04

ホンダはGB350を新たにリリース。GBの名前がついに復活した。350だとさすがにビッグシングルとは呼べないが、シングルスポーツの楽しさは味わえる

oshiete-nemoken_048_05

ロイヤルエンフィールドからも350cc空冷単気筒エンジンを搭載するメテオが登場。スペックにこだわらない楽しさはシングルスポーツならでは!

oshiete-nemoken_048_06

ヤマハSRX以来? とも思わせるモダンシングル“ヴィットピレン”がハスクバーナから登場したが、2021年で生産終了に。今後、こんなパッケージのビッグシングルは登場しないかもしれない……

Words:根本 健 Photos:長谷川 徹,ハスクバーナ・モーターサイクルズ,ヤマハ発動機,本田技研工業