kfactory_gpz900r_210818_main.jpg
カスタム&パーツ
KAWASAKI GPZ900R
K-FACTORY

【ケイファクトリー×カワサキ GPZ900R インプレ】いまこそ楽しいベーシックニンジャ!

kfactory_gpz900r_210818_01

スタンダードのニンジャらしさを生かしたスタイル。古くならないデザインがロングセラーだったことを物語る。中古車は豊富だが、ノーマルルックは希少だ

豪華な2本出しヘキサゴンサイレンサーがノーマルフォルムをブラッシュアップ!

ニンジャの愛称で親しまれている、いまだ人気の高いカワサキのGPZ900Rは、カスタムされるバイクの代名詞。エンジンチューニングはもちろん、フレーム補強や足周り&ブレーキを総交換したフルカスタムマシンも少なくない。ケイファクトリーも、そんな熱いニンジャフリークに向け、膨大なパーツをリリースしている。

しかし、今回紹介するニンジャは、かなりノーマルに近く、いまとなっては希少なサイド&アンダーカウルもそのままのスタイル。マフラーはスリップオンの2本出しで、ライディングステップなどで要所を抑えたカスタムがポイントだ。
しかし、1984年に登場したニンジャのフォルムにもケイファクトリー独自の最新ヘキサゴンサイレンサーはベストマッチし、バイクの質感をグッと底上げしている。“ノーマル+αで楽しみたい”ライダーにとって、注目すべき新たな選択肢といえる。

いま、綺麗なニンジャを手に入れたら、こんな“ちょっとカスタム”がいい!

そういえば、こんなオーソドックスなスタイルのニンジャに乗るのは本当に久しぶりだ。走るほどにニンジャらしさを思い出していく。ハンドリングはいい意味でとても大味。どこにも角がなく、フルカスタム特有の気を使う感覚もない。

国産4気筒ではいち早くサイドカムチェーンのエンジンを採用したニンジャは、当時の同排気量のバイクと比較するとエンジンが圧倒的にコンパクト。エンジン幅が狭いため、リーンがとても軽いのだ。

そのエンジンを見せるためにカットされたカウルも、カスタムで外されてしまうことが多いが、いま見ると斬新。とてもニンジャらしい。

ケイファクトリーのニンジャはチタン製スリップオンサイレンサーで軽量化とマスの集中が促進。そのハンドリングは決してクイックではないが、ライダーの思うままの走行ラインをトレースさせてくれる。また、ステップ周りの剛性が高まっているため、ライダーの操作に対する車体のレスポンスがよく、それも操作感を倍増している。

当時は最速のフラッグシップだったニンジャだが、現代のスーパースポーツと比較すると、エンジンは決して速くはない。ただ、スロットルを開けると当時のカワサキ特有のザラついたフィーリングがあり、とてもニンジャらしい。今回はサーキットでの試乗だったため、スロットルは全開! 大きなカウルに身体を畳み、心地よいエキゾーストノートに酔いしれる。まるで20年前に戻ったような気分になる。

またハンドリング向上に貢献しているのがタイヤとリヤサスだ。ブリヂストンのBT016は決して新しいタイヤではないが、当時はなかった性能で、ニンジャの楽しさに磨きをかけている。またサスペンションはナイトロン製に変更。前後サスペンションは柔らかめで、それも扱いやすさに貢献。現代のラジアルタイヤ&サスペンションと“ケイファクトリーのちょっとカスタム”の相性が抜群にいいのだ。

綺麗なノーマル車両を手に入れて、このくらいのニンジャカスタムを楽しむ! それっていまの時代にとてもマッチしている!

元祖ニンジャを現代のパーツと感性でちょっとずつ仕上げていくのは、とても面白いと思う。

※プライス表記はすべて

kfactory_gpz900r_210818_02

スリップオンマフラー ヘキサゴンサイレンサー
29万4,800円

GPZ900R用のチタンフルエキゾーストを多数用意するケイファクトリーが、新型スリップオンマフラーを発売。ゴールドが映える異形6角断面のヘキサゴンサイレンサーは、テールパイプと接合するフランジとエンドキャップをジュラルミンから削り出した贅沢な作り。伸びやかなアップスタイルがテールカウルのラインとベストマッチ。ノーマルステップ不可。センタースタンドは使用可能。重量は約3kg(片側)

kfactory_gpz900r_210818_03

タンデムステップキット
2万7,500円

アップタイプのマフラー装着やライディングステップの交換に対応するタンデムステップキット。シートレールに固定でき(専用ステーが付属)、取付位置の微調整が可能

kfactory_gpz900r_210818_04

ライディングステップ 7万2,600円
クラッチレリーズ Kタイプ 2万8,600円

ジュラルミンを高精度で削り出した4ポジション可変のステップキットは、ピボット周りのフレームの剛性も高める逸品。ポジションは20mmアップ/10mmバック、20mmアップ/20mmバック、30mmアップ/10mmバック、30mmアップ/20mmバック。シフト/ブレーキペダルは操作フィーリングに優れた同軸タイプ。楕円カラーの上下を入れ替えることでスイングアームピボット位置を20mm下げられ(要フレーム加工)、ホイールやタイヤサイズを変更する大幅なカスタムにも対応。カラーはブラック、ゴールドを用意する。
クラッチレリーズはφ36.4mmの大径シリンダーを採用し、軽くスムーズなクラッチ操作を実現する。ブラック、ゴールド、シルバーの3カラーを用意

kfactory_gpz900r_210818_05

撮影車は他に同社のラジエターコアガードを装着。リヤショックはナイトロンに交換し、油圧式プリロードアジャスターを装備。タイヤはブリヂストンのバトラックスBT-016を履く

ケイファクトリー
連続した曲げ加工が可能な「3Dベンダー」を二輪業界で初めて使用し、手曲げに劣らぬ美しい曲線と機械曲げの正確差で高い性能を維持するフルエキゾーストマフラーを製作。ブルーの焼け色付きのマフラーの草分け的存在でもあり、旧車から最新モデルまで膨大なラインナップを誇り、オーダーマフラーの製作も行う。またライディングステップをはじめ、CNCマシンによるビレットパーツも数多く制作する、金属加工のプロフェッショナル

custom_kfactory_logo.jpg
協力/ ケイファクトリー