kawasaki_ninja-h2_210312_main.jpg
このバイクに注目
KAWASAKI
Ninja H2 CARBON / Ninja H2 SX SE +

【カワサキ Ninja H2 SX SE/+】スーパーチャージドエンジンはカワサキだけの特権。川崎重工業グループの総力が、他にない余裕を約束!ニンジャH2 SX SE +に1カ月乗れるキャンペーンも実施!

退屈なんて言わせない。これがカワサキだ!これがいちばん凄いニンジャだ!

スーパーチャージドエンジンを搭載して2015年に登場したNinja H2&H2 R。それからスーパーチャージドエンジン搭載モデルは、スポーツツアラー、ネイキッドへラインナップを拡大。ここでは改めてデビュー当時の衝撃を振り返ってみよう!

2015年に登場したNinja H2とレーサーのH2R。スーパーチャージャーを搭載したエンジンが話題となった。現在、市販車はNinja H2カーボンの他、 Ninja H2 SX SE、Ninja H2 SX SE +、Z H2、Z H2 SEとラインナップを拡大。

「最高峰のニンジャ」「誰も味わったことがない走行フィーリング」を目指して開発され、デビュー当時のインパクトはとても大きかった。
「最近のバイクは、進化しているけど、面白くない、退屈」「カワサキのイメージはユニーク、目新しいだったのに……」そんな世界中の市場からの声を払拭したカワサキの答えがこのNinja H2とH2Rだった。
ユーザーの期待に応えるため、川崎重工業の総力を集結。ガスタービン・機械カンパニー、航空宇宙カンパニーの技術をモーターサイクル&エンジンカンパニーに技術移管し、二輪エンジニアがスーパーチャージドエンジンを設計。H2の開発を進めていくと、川崎重工業グループの飛行機、潜水艦、新幹線、タンカーなどの部署にはバイク好きがたくさんいたという。様々な部署から様々な意見が出て、カワサキらしさを考え抜いた。

だからH2シリーズには誇らしげにリバーマークが輝く。

kawasaki_ninja-h2_210312_01.jpg

1870年代頃に“川”の文字を図案化して以来、川崎重工業の製品に記されてきたリバーマーク。2015年に登場したH2&H2Rで初めてバイクに貼られた。当時、部品としてこのエンブレムだけ注文し、愛車に貼るカワサキオーナーが続出した……

kawasaki_ninja-h2_210312_02.jpg

Ninja H2 CARBON

カワサキのストリートバイク史上最大のエンジン出力を実現した1台。銀鏡塗装などあらゆるディテールが独創的だ。363万円

kawasaki_ninja-h2_210312_03.jpg

Ninja H2 R

レースのカテゴリーさえを無視した、究極のレーサー。2021年モデルの予約受付は終了。次年度以降、国内導入は予定していない。605万円

このスーパーチャージドエンジンは、過給機(スーパーチャージャー)とエンジンを同時に設計することで、既存の過給機付きエンジンとは比較にならないほどの高効率化を達成しているのも特徴だ。当時、H2の200ps、H2Rの300psは、すべてのバイクを置き去りにするほどの衝撃だった。ちなみに現在は、さらにハイパワー化。H2は231ps(ラムエア加圧時242ps)、H2Rは310ps(ラムエア加圧時326ps)を発揮する。

kawasaki_ninja-h2_210312_04.jpg

998ccのスーパーチャージドエンジン。加圧損失を抑えるように過給機を配置し、ダクト形状までを最初から考慮。低回転から高効率でスーパーチャージャーが機能する。加給後の空気温度が低いためインタークーラーの装備も不要となった

kawasaki_ninja-h2_210312_05.jpg

スーパーチャージャーのインペラは高精度なアルミ削り出し。クランクの回転をステップアップギアで増速し、遊星ギヤで8倍に増速させる。1万4,000rpm時は、13万回転で回り、インペラは1秒間で200リットルの空気をエンジンに圧送する

その存在感は唯一無二。他のバイクとの比較など意味がない

鋭い眼光や、まるで牙を生やしたようなフロントマスクはとにかく迫力だ。凄みがあり、高級感もある。「究極のロードスポーツ」「究極のニンジャ」その存在感はデビューから7年経過した今もまったく色褪せない。

スーパーチャージドエンジンは、まずは速さに目がいくが、パワーの他にフラットなトルク特性も特徴だ。200psオーバーのパワーを体感するのはなかなか難しいが、トルクは誰もが味わえる。中速域からでもこのエンジンは怒涛の加速を見せる。4,000〜5,000rpmでもスーパーチャージャーが機能し、スロットルを開けるとエンジンがドーピングされるのがわかる。

この“余裕”の加速は、スーパーチャージドエンジンならでは。他のエンジンでは体験できない。現在、スーパーチャージドエンジン搭載車のラインナップは幅広い。究極のロードスポーツであるニンジャH2カーボン、究極のネイキッドであるZ H2シリーズ、究極のスポーツツアラーであるNinja H2 SXシリーズが用意され、様々なカテゴリーで未知の加速を味わえるのだ。

kawasaki_ninja-h2_210312_06.jpg

Z H2 SE

ネイキッドでもスーパーチャージドエンジンを楽しむことが可能。SEは電子制御式サスペンションを搭載する。217万8,000円

Ninja H2 SX SE +に1カ月乗れるモニターキャンペーンも実施!この機会にスーパーチャージドエンジンを体感しよう

現在、スーパーチャージドエンジンを体感できる「Ninja H2 SX SE +モニター キャンペーン」を実施中だ。

期間中キャンペーンに応募すると、抽選で1名の方に「Ninja H2 SX SE +モニター体験」がプレゼントされる。さらに Ninja H2 SX SE +での素敵な旅をサポートするためのガソリンプリペイドカード 2 万円分もセットでプレゼント。 モニター期間は 7 月 1 日(木)から 7 月 31 日(土)までの 間から任意に選べる。

応募期間は、2021年3月12日(金)13:00より2021年5月31日(月)23:59まで。

川崎重工業の総力を感じるチャンス!

応募はこちらまで!
Ninja H2 SX SE +モニター体験

kawasaki_ninja-h2_210312_07.jpg

Ninja H2 SX SE +

究極のスポーツツアラー。スロットルを開ければ、どの回転からでもスーパーチャージャーの力を体感できる。最新電子制御や各部の質感の高さにも驚くはず! 244万2,000円

kawasaki_ninja-h2_210312_08.jpg

最大出力200ps/11,000rpmのスーパーチャージドエンジンをしなやかなパイプフレームに搭載。速さだけでなく、スロットルを開けた時、閉めた時の独特の音を感じていただきたい

kawasaki_ninja-h2_210312_09.jpg

パワーモードは3段階。6軸のボッシュ製IMUが車体の動きをリアルタイムでセンシング。クイックシフトは走り出した瞬間からその恩恵を味わえる。トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロール、クルーズコントロールなどを堪能していただきたい

kawasaki_ninja-h2_210312_10.jpg

+には、走行中の挙動変化を最小限に抑える電子制御式サスペンション、KECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を採用。ソロでも、タンデム+荷物フル積載でも状況に合わせスマートフォンからも簡単にセッティング変更ができる

kawasaki_ninja-h2_210312_11.jpg

Ninja H2 SX SE +のフロントノーズにもリバーマークが光る。カワサキらしさを思う存分体感しよう!

協力/ カワサキモータースジャパン