motogp_kushitani_211107_main.jpg
ピックアップ

MotoGP第17戦アルガルベGP/Moto2ライダーの小椋 藍、後半戦で初の転倒リタイア【世界で戦うクシタニライダー】

11月7日、MotoGP第17戦アルガルベGPの決勝レースがポルトガルのアルガルベ・サーキットで行われた。クシタニがサポートするMoto2クラスのIDEMITSU Honda Team Asiaライダー、小椋 藍、ソムキアット・チャントラは転倒リタイア。Moto3クラスのHonda Team Asiaライダー、國井勇輝は20位、アンディ・ファリド・イズディハールは22位でレースを終えた。

アルガルベ・サーキットで開催されるMotoGPはシーズン2度目で、ライダーたちは第3戦ポルトガルGP以来、7カ月ぶりに同サーキットを訪れた。シーズンは終盤で、今大会を含めて残り2戦を迎えている。

Moto2

小椋は3列目9番グリッド、チャントラは7列目19番グリッドから決勝レースを迎えた。

しかし、チャントラは1周目の13コーナーで転倒。また、小椋は9番手をキープしていたが、3周目の14コーナーで転倒を喫し、リタイアとなった。残念ながらIDEMITSU Honda Team Asiaの二人は、序盤でレースを終えることになった。

小椋 藍(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「何も言うことはありません。今日、私のペースは、トップのライダー達と比べて、0.2~0.3秒のタイム差があり、一緒に走るには十分ではありませんでしたので、そのポジションをキープすることに集中しました。しかし、少しアクセルを開けすぎたことが原因で、転倒をしてしまいました。今日のこの結果までは、良い週末を過ごせていたので、このような終わり方は残念でなりませんが、ポジティブなことも、ネガティブなことも受け止めます。この週末、私の為に懸命に働いてくれた私のチームのスタッフに感謝します」

motogp_kushitani_211107_01

3周目にクラッシュを喫した小椋(#92)はシーズン後半に入って初の転倒リタイア

ソムキアット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「レースの前に、タイヤの選択で悩み、最終的にソフトタイヤを選択しました。素晴らしいスタートを決めることができたのですが、また不幸が私を襲いました。他のライダーが私に接触し、それが原因で転倒してしまいました。気持ちを切り替え、最終戦のバレンシアでは、強い走りを見せます」

Moto3

國井は6列目17番グリッド、アンディは9列目25番グリッドから決勝レースに臨んだ。序盤、國井は22番手に後退し、アンディは25番手をキープする。

その後、國井はさらにポジションダウン。24番手となり、チームメイトのアンディとともに後方でのレースとなった。國井は20位、アンディは22位でレースを終えている。

このレースでは、チャンピオンシップでランキングトップにつけていたペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)が優勝を飾り、2021年シーズンのMoto3チャンピオンを獲得した。アコスタは最終ラップまでランキング2番手のデニス・フォッジャ(Leopard Racing)と激しい優勝争いを繰り広げていたが、最終ラップの3コーナーでフォッジャが他者との接触により転倒。この瞬間、アコスタのタイトルが決まった。アコスタはMoto3クラスのルーキーであり、ルーキーライダーが最軽量クラスでチャンピオンを獲得するのは、1990年125ccクラスでチャンピオンに輝いたロリス・カピロッシ以来となる快挙となった。

國井勇輝(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「レースの序盤、悩みながらも集団の中でのポジションを維持していました。ラップタイムも悪くはありませんでした。しかし、1コーナーで膨らんでしまい、ブレーキングでミスを犯してしまい、集団から離れてしまいました。その後は、単独での走行となってしまいましたが、その時のペースも悪くなく、これは今日のポジティブなポイントです。この週末、自信を持ってバイクに乗ることができていましたが、良かった時と、悪かった時の原因の分析をする必要があると思っています。次戦のバレンシアは今年最後のレースとなります。自分のベストを尽くして走り、レースを楽しめるように頑張ります」

motogp_kushitani_211107_02

苦しいレースが続く國井(#92)。最終戦はいい形で終えたい

アンディ・ファリド・イズディハール(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「ミサノ(第16戦エミリア・ロマーニャGP)で良い週末を過ごした後、ここアルガルベにやってきたのですが、今日のレースは簡単ではありませんでした。週末を通じて、フィーリングは良かったのですが、小さなミスを犯してしまったことで、予選Q2への進出を逃してしまいました。その結果、グリッドポジションは良くなく、後方からのスタートとなりました。後方からのスタートになることは、多くのライダー達を追い越して行かなくてはならず、レースを難しくしてしまいます。そういう状況でしたが、来週のバレンシアのレースで試せるかもしれない、ポジティブな点も見つけることができました。最終戦のバレンシア、思い切って走ります」

motogp_kushitani_211107_03

25番手グリッドからスタートしたアンディ(#19)。後方の予選順位が響いた

Moto2は2022年シーズンも小椋とチャントラのコンビが継続参戦!

IDEMITSU Honda Team Asiaは、2022年の参戦体制を発表。
Moto2は今シーズンに引き続き、小椋 藍とソムキアット・チャントラが継続参戦することが決定している。小椋 藍はルーキーながらも表彰台を獲得し、常にトップポジションに絡む健闘を何度も見せてくれただけに、来シーズンはタイトル獲得にも期待が膨らむ。
一方Moto3はラインナップを一新。Honda Team Asiaから古里太陽とマリオ・アジの2名が2022年のライダーとして参戦する。
来年も更なる成長を遂げたクシタニライダーたちの走りに期待しよう!

世界で戦うライダーを支える
クシタニがサポートするMoto2、Moto3ライダー

Moto2(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)

motogp_kushitani_211107_04

小椋 藍

motogp_kushitani_211107_05

ソムキアット・チャントラ

Moto3(チーム:Honda Team Asia)

motogp_kushitani_211107_06

國井勇輝

motogp_kushitani_211107_07

アンディ・ファリド・イズディハール

記事:KUSHITANI LOGS
KUSHITANI http://www.kushitani.co.jp/
KUSHITANI LOGS https://www.kushitani.co.jp/logs/

小椋 藍、國井勇輝、WSSP300岡谷雄太のインタビューはこちらをチェック!
【特別対談:世界で戦う若き日本人ライダー】Moto2小椋&Moto3國井&WSS 300岡谷

協力/ クシタニ

関連記事