motogp_kushitani_211003_main.jpg
ピックアップ

MotoGP第15戦アメリカズGP/Moto2ルーキー小椋 藍は7位。序盤の遅れが響く【世界で戦うクシタニライダー】

10月3日、MotoGP第15戦アメリカズGPの決勝レースがサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた。クシタニがサポートするMoto2のIDEMITSU Honda Team Asiaライダー、小椋 藍は7位、ソムキアット・チャントラは14位。Moto3のHonda Team Asiaライダー、アンディ・ファリド・イズディハールは24位、國井勇輝は25位でレースを終えた。

アメリカズGPは新型コロナウイルス感染症の影響で2020年の大会が中止されたため、2年ぶりの開催。また、今大会では、多くのMotoGPライダーが路面のバンプ(路面の起伏)を問題に挙げており、難しいコンディションでのレースとなった。

Moto2

Moto3の決勝レースで2度の赤旗中断(ヒート2で赤旗終了)が発生したことで、続いて行われたMoto2の決勝レースは10分遅れでスタート。小椋は3列目8番グリッド、チャントラは5列目15番グリッドから決勝レースを迎えた。

小椋はスタートで遅れ、11番手に後退。その後9番手に浮上し、前を走るアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)を追う。小椋と前を走るフェルナンデスとの差はしばらく均衡を保っていたが、中盤以降にフェルナンデスが前のライダーをかわしてポジションを上げると、小椋は7番手をほぼ単独で走行することに。

一方、チャントラは序盤に13番手を走行していたが、中盤にかけて16番手、17番手と後退。その後、少しずつポジションを上げていく。

小椋は7位、チャントラは14位でチェッカーを受け、レースを終えた。

小椋 藍(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「今回は、もう少し良い結果を期待していましたが、序盤にミスを犯してタイムを落とし、その結果、順位も落としてしまいました。満足のゆく結果とはなりませんでしたが、週末を通してみれば良かったと思いますし、それについては満足しています。次のミザノも頑張ります」

motogp_kushitani_211003_01

小椋は序盤10番手と出遅れ、その後7位にポジションを上げた

 

ソムキアット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asiaプレスリリースより)
「序盤、できる限り多くのライダーを追い越すために懸命にプッシュしました。しかし、何度かミスを犯してしまい、14位でレースを終えました。フィーリングはとても良いので、次のミサノのレースに自分自身も期待しています」

motogp_kushitani_211003_02

中盤にポジションを落としたものの、14位でフィニッシュしたチャントラ

Moto3

國井は8列目24番グリッド、アンディは9列目25番グリッドからMoto3の決勝レースに挑んだ。

レース序盤、國井とアンディは山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、鳥羽海渡(CIP Green Power)などと23番手を最上位とするポジション争いを展開。アンディと國井は24番手、25番手付近で周回を重ねた。しかし、8周目にフィリップ・サラチュ(CarXpert PruestelGP)が11コーナーで転倒し、このアクシデントによって赤旗が提示。レースは一時中断となった。

約15分の中断のあと、レースは再開。周回数は5周で、7周目終了時点でのポジションがグリッドとなった。ヒート2はアンディは24番グリッド、國井は25番グリッドからのスタート。しかし、國井はスタート直前にアクシデントが発生してピットレーンからの再スタートとなり、大きく遅れる。

ヒート2の3周目、11コーナーから12コーナーにかけてのバックストレートで複数のライダーが絡む多重クラッシュが発生。幸いにも、転倒したライダーたちは無事だった。レースはこのアクシデントにより、再び赤旗中断。

Moto3の決勝レースは、そのまま終了。ヒート1の7周目終了時点のポジションが最終結果となり、アンディは24位、國井は25位がアメリカズGPの結果となった。

アンディ・ファリド・イズディハール(Honda Team Asiaプレスリリースより)
「初めてのアメリカでのレースでしたが、すべてのセッションで多くのことを学びました。コースレイアウトはチャレンジングで、私はとても好きです。多くのライダーたちは、路面がバンピーであることが問題だと言っていましたが、私は自分がなすべきことに集中しました。金曜日のFP2からレースまで、ドライコンディションで走行することができ、すべてのセッションで、0.5秒、もしくは1秒以上タイムを改善できました。それについては良かったです。レースでは、前を走るライダーを捕らえようとしたのですが、リスクもあり難しいものでした。次のミサノでは、少しでも前の予選順位を獲得することが目標です」

motogp_kushitani_211003_03

2度の赤旗が提示されたMoto3のレース。アンディは24位でレースを終えた

國井勇輝 (Honda Team Asiaプレスリリースより)
「結果に満足していません。チームは私のために懸命に作業をしてくれており、彼らの努力には感謝しかありません。今日の結果には申し訳ない気持ちで一杯です。この週末、多くのことに悩み、後方からのスタートとなりました。レースでは走りに集中し、ラップタイムを大幅に改善できました。このことについてはとてもポジティブですし、良いフィーリングと自信を少し取り戻せました。レースは赤旗で中断となり、2度目のスタートの時に、ミスを犯し、バイクが止まってしまいました。ピットレーンスタートとなり、結局2度目の赤旗が出るまで、単独走行となりました。今日言えることは、少しだけ自信を取り戻したということだけです。立ち止まらず、次のミサノに向けて集中します」

motogp_kushitani_211003_04

國井は2回目のスタートでピットレーンスタートとなってしまった

世界で戦うライダーを支える
クシタニがサポートするMoto2、Moto3ライダー

Moto2(チーム:IDEMITSU Honda Team Asia)

motogp_kushitani_211003_05

小椋 藍

motogp_kushitani_211003_06

ソムキアット・チャントラ

Moto3(チーム:Honda Team Asia)

motogp_kushitani_211003_07

國井勇輝

motogp_kushitani_211003_08

アンディ・ファリド・イズディハール

記事:KUSHITANI LOGS
KUSHITANI http://www.kushitani.co.jp/
KUSHITANI LOGS https://www.kushitani.co.jp/logs/

小椋 藍、國井勇輝、WSSP300岡谷雄太のインタビューはこちらをチェック!
【特別対談:世界で戦う若き日本人ライダー】Moto2小椋&Moto3國井&WSS 300岡谷

協力/ クシタニ

関連記事